カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

2017年11月11日

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

指導者として、選手に対して、いかに意識を持たせるか――。

今シーズン限りで退任した広島の打撃コーチ・石井琢朗は、意識という言葉をよく使い、重要視する。コーチの仕事といえば技術指導が主となるところ、練習では技術よりも意識を変えることが第一と考えてきた。試合での「7割の失敗を生かす攻撃」にしても、後ろにつなごうとする意識の問題。石井にその真意を聞いた。

「僕は『はじめに意識ありき』と思っています。最初から形があるんじゃなくて、意識のあるところにしっかりした形はできる、という考え方。失敗も成功もそうなんですけど、意識を持って取り組んだことを積み重ねてきて、できたものが形だと思うんですよ。で、その取り組みを手伝うのが僕らの仕事じゃないかと」

石井には「打撃とは形がないもの。正解はない」という持論がある。ゆえに選手に対しては、打撃の形自体の良し悪しではなく、「どういう意識を持つとその形に近づけるのか」を伝えてきたという。

こうした考え方は、現役時代の石井が接したコーチの指導に通じるところはあるのだろうか。1989年に栃木・足利工高からドラフト外で横浜大洋(現・DeNA)に入団し、4年目に投手から野手に転向した石井だけに、プロで教わったことは少なくなかったと思われる。

「転向した当初、打撃はもちろん走塁、守備も全部、一から教えていただいたので、コーチの影響力はすごくありました。打撃なら高木由一さん、守備なら岩井隆之さん、走塁なら弘田澄男さん。特に高木さんは最初からずっと一緒で、しばらくは手取り足取りで……。それがレギュラーになると、コーチからはいろいろ言われなくなりました。だから、そのあたり僕もコーチになって、レギュラーとして出ている選手には静観するというか、ちょっと一歩引いたところから見て、気になるところだけ、ひと言、ふた言、言うぐらい。あまり技術的なことは言わないようにしてきたんですよ」

あえて技術的なことを言うのは、一軍での出場が少ない若い選手。たとえば、鈴木誠也は高校出5年目の23歳と若いが、すでにレギュラーゆえに細かくは言わない。

加えて、そうした方針は、広島独自のコーチングスタッフによるところも大きかった。石井のほかに東出輝裕、迎祐一郎と3名の打撃コーチを一軍に置く球団は珍しく、2017年のプロ野球では唯一。細かな技術指導のみならず、選手のストレスの捌け口については、東出と迎の担当だという。47歳の石井に対して東出37歳、迎36歳と、年齢的に選手に近いこともある。

ただ、石井自身、守備走塁担当からの配置転換。現役時代の晩年に兼任二軍野手コーチ補佐だった東出にしても、一軍専任は初めてだ。迎は一軍打撃コーチだった新井宏昌(2015年限りで退団)の補佐役ではあったが、やはり一軍コーチの経験はなかった。それだけに、3人体制当初は役割分担が明確ではなく、指導法に試行錯誤もあり、全員が仕事に慣れるまでには時間がかかった。

「去年は3人でなんやかんや、どうしようかっていうことがよくありました。それが今年は2人とも、僕が言いたいこと、チームの攻撃としてやろうとしていることをある程度、把握しています。言う前に全部、終わっている感じなんですね。逆に僕は今年、なにもやってなかったです(笑)」

そんな冗談も飛び出すほどに、2年目の3人体制はうまく回転してきたのだろう。なにか、チーム内に”打撃コーチ部”という名称の部署があって、そのなかで上司の石井が、若い2人の部下と一緒に仕事に取り組んでいるようなイメージも湧く。

「上司っていうか、本当に僕がやることないぐらい、2人がよくやってくれました。だから、やっぱり一歩引いて、2人の仕事を全体的に見ていた感じ。それと、技術的なことに関して、去年、優勝できて今年につながったのは、一昨年まで指導していたコーチの人たちのおかげと思っています。そこに僕らがプラスしたのが『チームの攻撃としてどう点を取るか』なので。そういう意味では、僕の指導はコーチングじゃなくて、ティーチングになってしまっていたんでしょうね。でも、そこはそこで、うまく使い分けられればいいかなと思っています」

コーチングとティーチング。どちらも人材育成法という点では同じだが、違うのは、指導する人と指導される人との関係性だ。

石井が言うように、コーチによる指導がすべてコーチングになるとは限らない。

コーチには”競技・演技等の指導員”のみならず、”馬車”“客車”という意味がある。すなわち、人や物を目的地まで運んでいく。スポーツ競技に置き換えれば、選手が立てた目標まで一緒に導いていくこと。これを原点とするコーチングは、指導する人が相手に問いかけて聞くことが出発点となる。目標達成に向け、対話を通して相手が自ら考え、気づき、答えを導き出せるように促(うなが)す。

一方のティーチングは、学校教育で先生が生徒に教えるのと同じ。指導する人が持っている技術、知識、経験などを相手に伝えることで、基本的に対話は必要とされず、また成立しにくい。

その点、石井が「チームの攻撃としてどう点を取るか」を選手全体に伝えるには、ティーチングが適していたと言える。実際、伝えられた後に「学生のときの授業みたいな感じだった」と振り返る選手もいたそうだ。

しかし石井本人としては、コーチに就任した当時から「なるべく選手目線で、一緒にものを考えることができれば」というスタンス。つまり「ティーチングよりもコーチング」だと思っていたからこそ、「ティーチングになってしまっていた」というネガティブな表現が出たのだろう。

それでも、すぐに打ち消して、うまく使い分けできればいいと考えられるあたり、指導者としての幅が感じられる。そしてこの幅は、対話が不可欠のコーチングを東出と迎に任せて生まれた部分もあったようだ。まさに「ストレスの捌け口」は対話の始まりなのだから。

こうした3人体制の効果に手応えを得ている石井自身、視野の広がりを感じているという。

「今の僕がいろいろと考えられるようになって、引き出しが増えたのも、横浜を出て広島に来て4年間、現役でやったからだと思います。あれが勉強の場だったのかなと。もちろん、20年間、育ててもらった横浜に対して愛着はありますし、在籍時はこのチームをどうにかしたいという気持ちもありました。でも、ずっと横浜にいてコーチになっていたら、自分自身のプライドが強すぎて『自分がこうやってきたんだから』って押しつけて、選手を型にはめるというか、それ以上の指導はできなかったのかなと。そういう意味では、僕のなかでは、横浜を出たことで成長できた、と思っています」

コーチが自身のプライドでそのやり方を押しつけ、型にはめる指導をしたら、そこに選手の意識が入り込む余地もない。過去にそうした指導で成功したケースもあるのだろうが、広島での4年間で引き出しが増えた石井は、「はじめに意識ありき」で結果を出し、最強打線を作り上げた。

「結果を出したのはチームであって、選手ですよ。僕は舞台でいえば演技指導みたいなことをやって、どう見せるかを考えただけ。実際には、選手が自分の能力だけじゃなく感性を生かして、うまくグラウンドで表現してくれた。だから、よく、誰々を育てたっていうコーチの話がありますけど、逆に僕が選手に育てられたと思っています。カープの選手たちと、2人の打撃コーチにはすごく感謝しています」(高橋安幸●文)

(※引用元 web Sportiva

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

阪神ファン「基準適当すぎ」SNS上で不満…降雨コールドについて

阪神ファン「基準適当すぎ」SNS上で不満…降雨コールドについて

広島が5回降雨コールドでDeNAを下し、先勝。アドバンテージの1勝を含み2勝0敗とした。5回終了時に雨あしが強くなり中断。30分以上中断したが回復が見込めないと判断し、5回降雨コールドゲームとなった。 …

セ・リーグMVPは誰の手に?!RCが示す『丸佳浩』の圧倒的な貢献

セ・リーグ「MVP」は誰の手に?!RCが示す『丸佳浩』の圧倒的な貢献

日本シリーズが終われば、野球界はもうオフだ。これから野球親父は「今年はどうだった」という「復習戦」を飲み屋で戦わせることになろう。特にMVPは、この時期の格好の酒の肴だ。 MVPやベストナイン、ゴール …

NPB、来季から『チャレンジ』導入!判定の映像検証、監督が要求可能

NPB、来季から『チャレンジ』導入!判定の映像検証、監督が要求可能

プロ野球で来季から判定に異議がある際に監督が映像による検証を求めることができる制度が導入されることが12日、分かった。 現在は審判員が必要と判断した場合のみリプレー映像での検証を行っている。米大リーグ …