カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

オスカル、サイドスローに転向「左打者を100%抑えられるように」

2017年11月12日

オスカル、サイドスローに転向「左打者を100%抑えられるように」

広島のオスカル投手が、今季終了後からサイドスローに転向した。

マツダスタジアムに隣接する室内練習場で秋季練習が行われた4日は、全体練習後に畝投手コーチとキャッチボールをするなど、新しいフォームを固めるため汗を流した。

「前向きに捉えています。1軍での居場所をみつけるためには、変化しないといけないと思っていたので」

2年目の今季は、わずか2試合の登板に終わった。直球は1年目のような140キロ後半を計測することはなく、もがき苦しんだ1年だった。

チームは先発、中継ぎを問わず左腕投手の確立が懸案事項。DeNAとのクライマックスシリーズファイナルでもブルペン陣に左腕投手はおらず、継投の幅が広がらなかった。

7日から始まる秋季キャンプでのテーマは、フォームを固めること。取り組みを始め約1カ月が経過したことで、徐々に感覚は良くなってきた。

「オーバースローだったときと比べ、体の使い方が違うから張りが出る部分も違う。ケガをしないように気をつけながらやりたい。まずは左打者を100%抑えられるようにならないと」と力を込めた。

(※引用元 デイリースポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

高校生BIG4と称された高橋昂也、シーズン終盤に才能の片鱗を見せた

高校生BIG4と称された高橋昂也、シーズン終盤に才能の片鱗を見せた

育成に定評がある広島で、「高校生BIG4」と称された逸材は大きく育っている。しなやかなフォームからの快速球は元より超高校級。尾形佳紀スカウトの評価も高かった。 「軽く投げているようで、低めに素晴しい球 …

新井、高野山で護摩行「今年もきつかった」/石原、會澤、堂林も参加

新井、高野山で護摩行「今年もきつかった」/石原、會澤、堂林も参加

広島・新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山県伊都郡高野町の清浄心院で、14年連続となる護摩行に臨んだ。 石原、会沢、堂林と共に約90分、燃えさかる炎と向き合った。 「今年もきつかったなと思う。『1年 …

誠也が右足首手術後、初の左右ノック「まずまず、思ったより動ける」

誠也が右足首手術後、初の左右ノック「まずまず、思ったより動ける」

右足首手術からの復活を目指す広島・鈴木が、広島県廿日市市の大野練習場で術後初めて左右へのノックを受けた。 ゴロの振り幅は抑えめながら「初めてにしてはまずまず。思ったより動ける」と明るい表情で語った。 …