カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

オスカル、サイドスローに転向「左打者を100%抑えられるように」

2017年11月12日

オスカル、サイドスローに転向「左打者を100%抑えられるように」

広島のオスカル投手が、今季終了後からサイドスローに転向した。

マツダスタジアムに隣接する室内練習場で秋季練習が行われた4日は、全体練習後に畝投手コーチとキャッチボールをするなど、新しいフォームを固めるため汗を流した。

「前向きに捉えています。1軍での居場所をみつけるためには、変化しないといけないと思っていたので」

2年目の今季は、わずか2試合の登板に終わった。直球は1年目のような140キロ後半を計測することはなく、もがき苦しんだ1年だった。

チームは先発、中継ぎを問わず左腕投手の確立が懸案事項。DeNAとのクライマックスシリーズファイナルでもブルペン陣に左腕投手はおらず、継投の幅が広がらなかった。

7日から始まる秋季キャンプでのテーマは、フォームを固めること。取り組みを始め約1カ月が経過したことで、徐々に感覚は良くなってきた。

「オーバースローだったときと比べ、体の使い方が違うから張りが出る部分も違う。ケガをしないように気をつけながらやりたい。まずは左打者を100%抑えられるようにならないと」と力を込めた。

(※引用元 デイリースポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

広島・坂倉将吾捕手が(19)が自分磨きに励んでいる。ウエスタン・リーグ2位の打率・298をマークし、1軍でもプロ初安打を放った順調な1年目。一方では心ひそかにジレンマも抱え、鈴木誠也外野手(23)から …

若手よ、秋季Cで突き上げよ!来春1軍Cのメンバー選考サバイバル

若手よ、秋季Cで突き上げよ!来春1軍Cのメンバー選考サバイバル

広島は7日から宮崎県日南市の天福球場で秋季キャンプを行う。6日は緒方孝市監督(48)、首脳陣、選手ら48人が日南市のチーム宿舎に入った。今秋のテーマは、控え層の戦力充実。紅白戦など実戦の予定はなく、個 …

紅白戦で2投手に明暗…高橋昴也3回無失点、アドゥワは制球が乱れる

紅白戦で2投手に明暗…高橋昴也3回無失点、アドゥワは制球が乱れる

「広島春季キャンプ」(11日、日南) 今キャンプ初の紅白戦が行われ、高卒2年目同士の高橋昂也投手、アドゥワ誠投手が先発した。 高橋昂は直球を中心に内外角を巧みに使い、相手に二塁すら踏ませず。3回4安打 …