カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

2017年11月23日

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

懐かしい顔がヤクルトの愛媛・松山キャンプに加わった。2013-15年まで在籍した江村将也氏(30)だ。11月6日から5日間、打撃投手の入団テストとして、キャンプに参加。かつての仲間を相手に“登板”した。

「ピッチングコーチもしていますし、バッティングピッチャーも毎日していました。ボールがすごく投げやすかった。ユニホームも着させてもらっただけありがたい。幸せです」ヤクルトを退団後は、16年にBCリーグ・福島に入団。今季からは四国アイランドリーグ・香川の投手コーチに就任していた。

「ヤクルトの江村」と言えば“あの試合”が思い出される。

2013年4月23日の広島戦(神宮)。同点の八回二死一、二塁の場面から登板し、迎えたのはレジェンド・前田智徳だった。カウント2-2から投じた1球は、前田の左手首に当たる死球に。前田は激高し、その後、左尺骨を骨折したことが判明。同年限りで引退した。

「前田さんが引退をした後に、マツダスタジアムに解説をするために来ていたんです。そのときに、ごあいさつをして、あのときのことを謝ったら『いつの話をしとんじゃ』と言ってくれたんです」

江村氏にとっても、前田氏にとっても、大きな1球となった。だが、前田氏の心の大きさに江村氏は救われたという。「ずっと気にしていてくれたみたいで。その後も『球が力強くなってきたな』とか、『弟も頑張っているな』と声をかけてくださった。本当にいい方だなと思いました」と振り返る。

続きはまだある。その後、年賀状のやりとりをしたいと知人を通じて伝えたときのことだ。「そんなこといいよ。もっとやることがあるだろ?」と気を使った言葉をかけてくれたのだ。「すごくいい方です」と江村氏。1球で変わった人生。だが、自身のことよりも相手を気遣うレジェンドの姿勢に、江村氏も救われたのだ。(赤尾裕希)

(※引用元 サンケイスポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

退任した石井打撃コーチが明かす、東出&迎コーチとの役割分担

指導者として、選手に対して、いかに意識を持たせるか――。 今シーズン限りで退任した広島の打撃コーチ・石井琢朗は、意識という言葉をよく使い、重要視する。コーチの仕事といえば技術指導が主となるところ、練習 …

鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜ広島カープの『監督』になれなかったのか?

鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜ広島カープの『監督』になれなかったのか?

鉄人が、この世を去った。 日本球界に数々の功績と偉業を残した元広島東洋カープの衣笠祥雄氏が上行結腸がんのため、4月23日に死去した。71歳だった。 1970年代後半から1980年代にかけてカープ黄金時 …

人気球団経営の『秘策』!広島カープ・松田オーナーに学んだこと

人気球団経営の『秘策』!広島カープ・松田オーナーに学んだこと

(text by 池田純、photograph by Hideki Sugiyama) 広島東洋カープがセ・リーグ連覇を達成しました。カープは、いまやファンが東京ドームも甲子園球場も内野席まで埋め尽く …