カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、1億円に到達せず…若手には堅い、カープの『財布の紐』

2017年12月3日

鈴木誠也、1億円に到達せず…若手には堅い、カープの『財布の紐』

「お金は何とも思っていない。早く野球がしたいです」

殊勝にこう言ったのは広島の鈴木誠也(23)。29日に契約更改を行い、3000万円増の9000万円でサインした。

今季途中から4番を任され、115試合に出場、打率・300、26本塁打、90打点。8月下旬の試合中に右足首を骨折して離脱したものの、2年連続で打率3割、25本塁打、90打点以上をクリアし、守備、走塁面でもリーグ2連覇に貢献。若き主砲はリハビリを経て、来季も4番を務める意思を明かしたが、1億円の大台には届かなかった。

ケガで離脱した期間があったとはいえ、鈴木ほどの活躍をすれば他球団なら間違いなく1億円に到達していただろう。

「高卒5年目の誠也は、まだ2年しか活躍していない。広島は昔から、若いうちは給料が上がらない。日本人選手の平均年俸はリーグ11位(2767万円)というのを見ても明らか。その分、功労者ともなれば長い目で面倒を見てくれるし、最近はそれでももらえるようになった方です」とは、広島OBの弁。

菊池涼介(27)が昨オフ、5年目を終えて1億円を突破したのは早い方で、新井貴浩(40)はプロ8年目の06年、今季MVPの丸佳浩(28)は9年目の昨年、1億を突破。過去には、若くして遊撃の不動のレギュラーを務めた野村謙二郎が7年目のオフ、現監督の緒方孝市も3年連続盗塁王を獲得した10年目のオフにようやく大台に乗っている。

■1学年下の後輩に並ばれ…

一方、この日は巨人の田口麗斗(22)が契約更改を行い、鈴木と同額となる4000万円増の9000万円でサインした。鈴木にとって1学年下の後輩は、2年連続2ケタ勝利となる13勝をマークしたが、チームは4位に沈んでいる。

先発投手は年俸が上がりやすく、巨人はそもそも年俸が高いチームだが、田口はエースでもなんでもない。そこへいくと鈴木は優勝チームの4番でなおかつ、野手最年少で侍ジャパンにも選ばれている。

広島はリーグ2連覇を達成し、主催試合は連日の満員御礼。低迷していたころと比べて、球団経営は大幅に改善された。巨人や阪神なんて広島の成功にホゾを噛んでいるし、広島をお手本としている球団も少なくない。そんなチームの主砲のお値段としては、どう考えても安すぎる。

(※引用元 日刊ゲンダイ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

ドラフト2・山口翔、『マエケン2世』襲名へ意気込み!

ドラフト2・山口翔、『マエケン2世』襲名へ意気込み!

広島からドラフト2位指名された熊本工・山口翔投手(18)が30日、熊本市内の同校で田村、末永両スカウトから指名あいさつを受けた。 最速152キロ右腕のあこがれの存在は、広島からメジャーにはばたいたドジ …

V旅行辞退した誠也がリハビリ継続、契約更改で笑顔だった理由とは?

V旅行辞退した誠也がリハビリ継続、契約更改で笑顔だった理由とは?

広島・鈴木誠也外野手(23)が11月29日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸9000万円でサインした。終始笑顔だったのは、年俸アップ以外にも理由があった。 「けがをして、 …

石原「納得」の3000万減、出場機会100試合届かず1億円下回る

石原「納得」の3000万減、出場機会100試合届かず1億円下回る

広島の石原慶幸捕手が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万減の9000万円にサインした。 今季は77試合に出場し打率・204、1本塁打、12打点。会沢がスタメンマスクをかぶることが多 …