カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

2017年12月14日

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

広島のオスカル、飯田の両左腕が、サイドスローに転向。ワンポイントを目指している。

ふと気になり、広島最後の「左殺し」に話を聞いた。現在は広報の河内貴哉氏(35)だ。08年に左肩関節唇と腱板(けんばん)部の再建手術を受けた。大けがから奇跡的に復活。13年には左キラーとして34試合に登板した。

軽い気持ちで聞きに行ったが「僕は野球選手じゃなかったから」と衝撃的な言葉が返ってきた。

今も左肩は上がらず、拳をつくっても小指と薬指は完全には曲がらない。痛みが少なく、投げられる場所。それが横手だった。「そうするしかなかった。1球でも1軍で投げたかったから」。優しい顔で肩をさする。

とにかく生き残ろうと必死だった。「1人じゃなかったから」。育成選手時代に結婚。コーチ、トレーナー、スタッフにも支えられた。理想追求をやめ、左打者が嫌がることをやり続けた。目線を合わせながら投げたり、直球でも縫い目に掛けずに投げた。

先の2人とは経緯も違えば助言する立場でもない。ただ最後は「僕が右腕だったらとっくにクビ。チャンスは広がると思うから頑張ってほしいですね」と心底からのエールを送った。【広島担当=池本泰尚】

(※引用元 日刊スポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

緒方監督、半端ない勝利欲「最後に負けたら、全部ダメやけえ…」

緒方監督、半端ない勝利欲「最後に負けたら、全部ダメやけえ…」

「最後に負けたら、全部ダメやけえ」と広島緒方監督は静かに言った。秋季キャンプ中の宮崎・日南海岸。海に反射していた夕日も消え、肌寒くなる時間帯。日課にしていた天福球場から宿舎まで約7キロのウオーキング中 …

カープとファンの幸せな距離感、菊池が伝えたい「ありがとう」

カープとファンの幸せな距離感、菊池涼介が伝えたい「ありがとう」

マツダスタジアムには仕事で何度も足を運んでいるが、この夏は友人たちとプライベートで行ってみた。 そもそも、熱心なカープファンの友人からお誘いがあったのは、3月に入ってすぐのこと。「8月のこの日って空い …

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と、3連覇への『課題』

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と3連覇への『課題』

37年ぶりのセ・リーグ連覇の感動が、どこか遠くへ行ってしまった感がある。 日本シリーズが終了し、レギュラーシーズンで94勝と圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝いた。しかし …