カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

2020年10月10日

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

公式戦(10月10日、カープ3-0ヤクルト、マツダスタジアム)

広島が森下暢仁投手(23=明大)、宇草孔基外野手(23=法大)のドラフト1、2位コンビの活躍でヤクルトに3―0と快勝。連敗を2で止めた。連勝を逃した最下位のヤクルトは今季ワーストタイの借金18。5位の広島と4ゲーム差に開いた。

広島は先発右腕・森下が初回の無死満塁ピンチを無失点で切り抜けたその裏、4番・松山の左前適時打で先制。5回には1死満塁から1番・宇草のプロ初適時打となる中前打で2点を追加した。

森下は3―0で迎えた6回にも1死満塁のピンチを迎えたが、ここも無失点で切り抜け、6回8奪三振無失点の好投で8勝目(3敗)をマーク。ピンチになるほど150キロを超える速球でぐいぐい押す強気の投球で、新人王を争う戸郷(巨人)の勝ち星に並んだ。

森下は5回、投前バントの処理で好フィールディングを見せ併殺に取るなど守備でも非凡なところを見せ、菊池涼、長野、田中広ら先輩野手陣も好守で盛り立てた。

ヤクルトは初回無死満塁の先制機に村上、青木、中山が凡打で無得点。0―3で迎えた6回の1死満塁では代打・宮本、西浦が連続三振に終わって反撃のチャンスを逸した。

守備でも0―1で迎えた5回の守りで1死一、二塁から森下の投前送りバントをスアレスが間に合わない三塁に送球(記録は犠打野選)して満塁とピンチを広げ宇草に2点適時打を浴びるなど攻守で精彩を欠いた。

森下はこの日の成績を加え、今季すべて先発で15試合に登板して8勝3敗、98回2/3を投げて28失点(自責25)の104奪三振、防御率2・28。

新人王を争う戸郷は11日の中日戦(ナゴヤD)に先発予定で、ここまですべて先発で14試合に登板して8勝4敗、78回2/3を投げて24失点(自責24)の81奪三振となっている。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

K・ジョンソン、7連敗で2軍降格?佐々岡監督「あした以降考える」

K・ジョンソン、7連敗で2軍降格?佐々岡監督「あした以降考える」

公式戦(9月3日、カープ0-6中日、ナゴヤドーム) 広島のK・ジョンソン投手(35)が、4回5失点で開幕7連敗を喫した。 初回1死。平田に四球を許すと、続く福田に、甘く入ったスライダーを捉えられ、いき …

有観客での本拠地マツダスタジアム初勝利!堂林5の4で打率・446

有観客での本拠地マツダスタジアム初勝利!堂林5の4で打率・446

公式戦(7月17日、カープ9-2ヤクルト、マツダスタジアム) 前日最下位に転落した広島打線が16安打とつながり、連敗を3で止めた今季初めて3番に入った広島・堂林は5打数4安打と大活躍。セ・トップの打率 …

森下が7回1失点も、勝ち星消滅…3試合目「監督の責任」佐々岡監督

森下が7回1失点も、勝ち星消滅…3試合目「監督の責任」佐々岡監督

公式戦(10月17日、カープ2-5中日、マツダスタジアム) 広島のドラフト1位森下暢仁投手(23)が7回1失点、8奪三振と力投も、9勝目はならなかった。最速153キロの直球と変化球を低めに集め、中日打 …