カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村祐、6回1失点で2勝目!47日ぶり復帰の西川がいきなり3安打

2020年10月11日

中村祐、7K1失点で2勝目!47日ぶり復帰の西川がいきなり3安打

公式戦(10月11日、カープ7-4ヤクルト、マツダスタジアム)

広島がヤクルトの反撃をしのいで7―4で勝利を収め、2連勝。借金を1桁の9に減らした。最下位のヤクルトは2連敗を喫し、3カード連続の負け越しで今季ワーストを更新する借金19。5位・広島と5ゲーム差に広がった。

3回までヤクルト先発右腕・小川に完全投球を許していた広島打線だったが、4回1死から田中広がチーム初安打となる右中間三塁打を放つと、続く鈴木誠が左前適時打を放って先制。

1―0で迎えた5回には試合前に出場選手登録され即スタメンとなった先頭・西川が復帰後初安打となる中前打を放ち、会沢四球の無死一、二塁から堂林が中前適時打して追加点を入れた。

さらに菊池涼の右前打で無死満塁とチャンスを広げ、ここで先発投手の中村祐が2018年以来2シーズンぶり、今季初安打初打点となる右前適時打を放って小川を降板に追い込んだ。

さらに2番手左腕・久保から2死後に鈴木誠、松山が連続押し出し四球で2点を加えた後にこの回2打席目となった西川が遊撃強襲の2点適時打を放って7―0と大量リードを奪った。西川は8回にも内野安打を放ち、復帰戦でいきなり3安打と活躍した。

投げては先発の中村祐が6回で7三振を奪い、6安打1失点と好投。ケムナ、塹江のリリーフ陣が失点して最大7点リードから最後は3点差まで詰められたが、逃げ切った。

中村祐は前回登板した今月4日のヤクルト戦(神宮)では5回3安打1失点で2018年5月1日の巨人戦(マツダ)以来887日ぶりとなる白星を挙げたが、ヤクルト戦2連勝でプロ10勝目となる今季2勝目(1敗)をマークしている。

ヤクルトは3回まで完全投球で広島打線を抑え込んだ小川が4回に先制されると、5回には1死も取れずに降板。無死満塁で小川をリリーフした久保も2死までこぎ着けた後に鈴木誠、松山に四球を与えて連続押し出しなど精彩を欠いた。

打線は0―7で迎えた6回に村上の21号ソロで1点を返し、7回には青木の左前適時打で2点を返して3―7としたが、なおも続いた2死満塁のチャンスで西浦が投ゴロ。8回には代打・広岡の4号ソロで3点差としたが、及ばなかった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

連日、悪夢の逆転負け…カープ4点差ひっくり返され、巨人と3.5差

連日、悪夢の逆転負け…カープ4点差ひっくり返され、巨人と3.5差

公式戦(8月11日、カープ5-6阪神、京セラドーム) 4位の阪神が3位の広島に6―5で連日の劇的な逆転勝ちを収め、3カードぶりとなる勝ち越し。借金を4に減らした。広島は連日の継投失敗で7カードぶりの負 …

一時逆転も連勝は5でストップ、2番手・中田が6連打で7失点の炎上

一時逆転も連勝は5でストップ、2番手・中田が6連打で7失点の炎上

公式戦(4月20日、カープ7-11中日、ナゴヤドーム) 広島がお家芸の逆転勝利の展開に持ち込んだものの、再逆転され、連勝は5でストップした。 2点を追う7回1死満塁から田中の右前への2点適時打で同点に …

中村祐太が『887日』ぶりの白星!誠也は5年連続20本塁打を達成

中村祐太が『887日』ぶりの白星!誠也は5年連続20本塁打を達成

公式戦(10月4日、カープ6-4ヤクルト、神宮球場) 広島が6―4でヤクルトを下して今季3度目となる3連勝。8月の巨人戦以来今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾り、借金を10に減らした。5位を争う広 …