カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村祐太、2週連続のお立ち台で神対応「体調にだけは気を付けて…」

2020年10月18日

中村祐太、2週連続のお立ち台で神対応「体調にだけは気を付けて…」

公式戦(10月18日、カープ5-0中日、マツダスタジアム)

広島の中村祐が、18日の中日戦に先発し、7回を無失点で抑えて今季3勝目を挙げた。

4回以外は毎回安打を許し、4回もシエラに四球を与えるなど毎回走者を出したが、粘りの投球を披露。

「相手も良い投手なので、先制点を先にあげないように投げた。低めに丁寧に投げることを心掛けた」とお立ち台で振り返り、今季最長の7回を投げたことには「先制点を先に取ってもらったが、守りに入らず、攻めの投球を心掛けた。(西川の一発は)頼もしいの一言。信じてベンチから見ていました」と、お立ち台に共に上がった西川に感謝した。

中村祐は4日のヤクルト戦から、これで自身3連勝。さらに先週の11日に続き、2週連続のお立ち台に「マツダスタジアムは最高の球場。ここで投げられることが幸せ」とほおを緩ませた。

だが、“衝撃”はここから。その後、インタビューは西川に移り、プロ初の1試合2本塁打を放ったことに「祐太が0で抑えてくれていたので、何とか1点が欲しいなと。たまたまホームランになってよかったです」と答えると、インタビューはこれで終わり。

最後にファンに向けてコメントを求められた中村祐は「えっ?これで終わり?」と1学年先輩の西川の顔をのぞき込みながら、「この状況下の中、毎回毎回温かい声援ありがとうございます。毎回力になっているので、体調にだけ気を付けて、球場に来てください」とファンに呼びかけていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

ドラフト1、2位コンビが活躍!森下、新人王へ前進の6回0封8勝目

公式戦(10月10日、カープ3-0ヤクルト、マツダスタジアム) 広島が森下暢仁投手(23=明大)、宇草孔基外野手(23=法大)のドラフト1、2位コンビの活躍でヤクルトに3―0と快勝。連敗を2で止めた。 …

12失点の投壊で連敗…先発・床田が4失点「立ち上がりが全てです」

12失点の投壊で連敗…先発・床田が4失点「立ち上がりが全てです」

公式戦(10月9日、カープ7-12ヤクルト、マツダスタジアム) 広島が17安打12失点の投壊で連敗を喫した。先発床田寛樹投手は立ち上がりに3本の適時二塁打を浴びて4失点。4回で降板した。 「立ち上がり …

引き分けを挟み2連敗…堂林2点適時打、自身出場10試合ぶりの打点

引き分けを挟み2連敗…堂林2点適時打、自身出場10試合ぶりの打点

公式戦(8月18日、カープ3-4DeNA、マツダスタジアム) 広島堂林翔太内野手(29)が18打席ぶりのヒットとなる反撃の2点タイムリーを放った。 2番三塁で先発出場。4点を追う7回の第4打席、1死二 …