カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鯉党、感動的なラストシーンに号泣…黒田さん&新井さんも駆けつけた

2020年11月7日

鯉党、感動的なラストシーンに号泣…黒田さん&新井さんも駆けつけた

公式戦(11月7日、カープ0-2阪神、マツダスタジアム)

広島ひと筋に19年間プレーした石原慶幸捕手(41)が7日の阪神戦(マツダ)後に引退セレモニーを行い、その“ラストシーン”に鯉党の涙が相次いだ。

石原慶は8回表からマスクをかぶり、3番手右腕・中田とバッテリーを組んで途中出場。見事に3者凡退で切り抜けると、その裏に無死一塁で回ってきた打席では、阪神・矢野監督の粋な計らいにより同学年で今季限りでの阪神退団が決まっている能見が登板し、5球目を打って右飛で現役最後の打席を終えた。なお、能見も石原の打席だけで降板している。

試合は0―2で敗れ、チームの連勝は7でストップ。2015年以来5年ぶりとなるシーズン負け越しも決まった。だが、引退スピーチ冒頭でコロナ禍にありながら開幕を迎えられたことを医療関係者に感謝するなど人柄の良さをにじませた石原慶。花束贈呈役を務めた後輩の会沢翼捕手(32)は男泣きし、場内一周の際にはともに2016年の25年ぶり優勝を味わったOBの黒田博樹さん(45)、新井貴浩さん(43)が登場して花束贈呈を行うサプライズ演出で感動を呼んだ。

そして、クライマックスはバッテリーを組んだこともある佐々岡真司監督(53)、コーチ、ナインと次々に握手を交わしたラストシーンだった。列の最後で石原慶を待ち受けたのは2016年沢村賞左腕で、今季未勝利のまま登録抹消中のクリス・ジョンソン投手(36)。

正捕手が会沢に代わっても女房役に指名し続けたジョンソンが1メートル93の長身を折って石原慶を固く抱きしめると、ネット上には「大トリはジョンソンのハグ!」「最後がジョンソンって、もう最高」「ジョンソンと石原が抱き合った瞬間涙止まらなくなった」「熱い抱擁もう涙が止まりません」「最後にジョンソンと抱き合うとかどんだけ泣かせにくるん?」「石原とジョンソンの抱擁で涙腺決壊した」と感涙する鯉党の声があふれた。

ジョンソンは昨年5月25日の巨人戦(東京D)で登板100試合目を通算50勝で飾った際には「自分の試合で99%マスクをかぶってくれているイシ(石原)がいなければ50勝も挙げられなかったと思うので、この50勝は石原の50勝だとも思います」などと話し、全幅の信頼を寄せていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

中日に完敗…ナゴヤドームで、なぜか勝てない今季『5戦全敗』

中日に完敗…ナゴヤドームで、なぜか勝てない今季『5戦全敗』

公式戦(5月16日、カープ2-5中日、ナゴヤドーム) 広島が中日に完敗し、これで今季、ナゴヤDでは5戦全敗となった。昨年5月から8月にかけても1引き分けを挟んで5連敗。 高ヘッドコーチは「それ(ナゴヤ …

若鯉躍動!先発・高橋昂也は6回2失点で2勝目、小園が1安打3打点

若鯉躍動!先発・高橋昂也は6回2失点で2勝目、小園が1安打3打点

公式戦(5月14日、カープ9-2DeNA、マツダスタジアム) 広島は若い力が躍動し、DeNAに9-2で勝利。ここまで2試合連続無得点と元気のない打線に活力を与えたのは3年目の小園だった。 2回無死二、 …

26年ぶり本拠Vピンチ…緒方監督「ファンも我々も、決めたかった」

26年ぶり本拠Vピンチ…緒方監督「ファンも我々も、決めたかった」

公式戦(9月16日、カープ4-5ヤクルト、マツダスタジアム) マジック1で37年ぶりリーグ連覇に王手をかけていた広島は、ヤクルトにまさかの逆転負けで優勝決定は17日以降に持ち越しとなった。4回までに3 …