カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

2020年11月8日

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

広島が初めてCS進出した13年。敗退からしばらく後、石原慶に「大舞台は楽しかった?」と聞いてしまった。「楽しいと思って野球をやったことは一度もないですよ」。いつもニコニコと話してくれる男に真顔で反論された。

02年の入団時は野村、前田、緒方ら一流選手がそろい、ピリピリしていた。石原慶は緊張から「キャンプは“出社拒否症”でした。朝起きたら、球場に行くのがイヤだなって」。レギュラーをつかんでからもチームは低迷。責任を背負う捕手というポジションでもあり、ずっと苦しんで野球に取り組んでいた。

16年、自身初の優勝を決めた瞬間、マウンドに向かって猛ダッシュした。帰りのバスに乗り込む直前、記者を見つけると、右手を差し出してくれた。「あんなに速く走るイシは初めて見たぞ」。そう冷やかすと、顔をクシャクシャにした。「良かった」。その一言に実感がこもっていた。

以前の体育会気質とは真逆のノビノビとしたチームに変容。「若い子が力を発揮できれば、これでいいんですよ」。もしベテラン捕手が若手を萎縮させるような存在だったら、優勝はなかったはず。黒田、新井が表のリーダーなら、石原慶は陰の支柱だったと思う。(井之川昇平)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

死球の松山は脳しんとう、右側頭部打撲の診断…特例措置で21日抹消

死球の松山は脳しんとう、右側頭部打撲の診断…特例措置で21日抹消

広島・松山竜平外野手(33)は、20日のDeNA戦で頭部死球を受け、同市内の病院で、「脳しんとう、右側頭部打撲」と診断された。 緒方監督は、脳振とう特例措置で21日に出場選手登録を抹消することを明かし …

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

トミー・ジョン手術から復活の兆しを見せる床田、最速154キロ右腕の長井 昨季は3年連続でセ・リーグ覇者となった広島。34年ぶりの日本一を目指したが惜しくもソフトバンクに敗れた。2年連続MVPの丸がFA …

ポスティングでメジャー挑戦の菊池涼介、マイナー契約なら残留要請へ

ポスティングでメジャー挑戦の菊池涼介、マイナー契約なら残留要請へ

広島が、ポスティングシステムでの大リーグ挑戦を容認した菊池涼介内野手(29)がメジャー契約を結べなかった場合、残留を促す方針であることが12日、分かった。 鈴木清明球団本部長(65)が「行くならメジャ …