カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

2020年11月8日

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

広島が初めてCS進出した13年。敗退からしばらく後、石原慶に「大舞台は楽しかった?」と聞いてしまった。「楽しいと思って野球をやったことは一度もないですよ」。いつもニコニコと話してくれる男に真顔で反論された。

02年の入団時は野村、前田、緒方ら一流選手がそろい、ピリピリしていた。石原慶は緊張から「キャンプは“出社拒否症”でした。朝起きたら、球場に行くのがイヤだなって」。レギュラーをつかんでからもチームは低迷。責任を背負う捕手というポジションでもあり、ずっと苦しんで野球に取り組んでいた。

16年、自身初の優勝を決めた瞬間、マウンドに向かって猛ダッシュした。帰りのバスに乗り込む直前、記者を見つけると、右手を差し出してくれた。「あんなに速く走るイシは初めて見たぞ」。そう冷やかすと、顔をクシャクシャにした。「良かった」。その一言に実感がこもっていた。

以前の体育会気質とは真逆のノビノビとしたチームに変容。「若い子が力を発揮できれば、これでいいんですよ」。もしベテラン捕手が若手を萎縮させるような存在だったら、優勝はなかったはず。黒田、新井が表のリーダーなら、石原慶は陰の支柱だったと思う。(井之川昇平)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

手術前に比べ体重、筋力はほとんど変わらない数値も「1軍のレベルには達していない」 胃がん発見から2年が経過し、1軍復帰を目指す男がいる。広島の赤松真人外野手。2軍では若手に交じり汗を流し、限られた出場 …

河田新ヘッドが、FA熟考中の田中広輔を泣き落とし!?「どうや?」

河田新ヘッドが、FA熟考中の田中広輔を泣き落とし!?「どうや?」

広島・河田雄祐新ヘッドコーチ(52)=前ヤクルト外野守備走塁コーチ=が25日、マツダスタジアムでの秋季練習後取材に応じ、今年取得した国内FA権行使の有無に注目が集まる田中広輔内野手(31)を通信アプリ …

菊池涼介、メジャー移籍せず残留表明「この状況が続くのであれば…」

菊池涼介、メジャー移籍せず残留表明「この状況が続くのであれば…」

ポスティングシステムを利用し米メジャー移籍を目指した広島・菊池涼介内野手(29)は27日、マツダスタジアム内で会見を開き、広島に残留することを明かした。 「FA市場が遅いということもあり、この状況が続 …