カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

2020年11月8日

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

広島が初めてCS進出した13年。敗退からしばらく後、石原慶に「大舞台は楽しかった?」と聞いてしまった。「楽しいと思って野球をやったことは一度もないですよ」。いつもニコニコと話してくれる男に真顔で反論された。

02年の入団時は野村、前田、緒方ら一流選手がそろい、ピリピリしていた。石原慶は緊張から「キャンプは“出社拒否症”でした。朝起きたら、球場に行くのがイヤだなって」。レギュラーをつかんでからもチームは低迷。責任を背負う捕手というポジションでもあり、ずっと苦しんで野球に取り組んでいた。

16年、自身初の優勝を決めた瞬間、マウンドに向かって猛ダッシュした。帰りのバスに乗り込む直前、記者を見つけると、右手を差し出してくれた。「あんなに速く走るイシは初めて見たぞ」。そう冷やかすと、顔をクシャクシャにした。「良かった」。その一言に実感がこもっていた。

以前の体育会気質とは真逆のノビノビとしたチームに変容。「若い子が力を発揮できれば、これでいいんですよ」。もしベテラン捕手が若手を萎縮させるような存在だったら、優勝はなかったはず。黒田、新井が表のリーダーなら、石原慶は陰の支柱だったと思う。(井之川昇平)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

ケガを抱える田中広輔、セ・パ交流戦から『復調』見込みと達川光男氏

ケガを抱える田中広輔、セ・パ交流戦から『復調』見込みと達川光男氏

6月4日から「セ・パ交流戦」が開幕。毎年、パ高セ低などと言われ、交流戦順位はパ・リーグ→セ・リーグの順となるのが通例だった。だが、昨年は最下位に沈んでいたヤクルトが交流戦で優勝し、ペナントレースでも2 …

石原慶幸の『引退試合』に勝利の花道を!先発・中村「最後の試合…」

石原慶幸の『引退試合』に勝利の花道を!先発・中村「最後の試合…」

広島・石原慶幸捕手(41)の引退セレモニーが、7日の阪神戦(マツダ)で行われる。来場者には「記念ポスター」が配布され、始球式には家族が登場。 試合後には、挨拶などのセレモニーを予定する。 負けられない …

ドラフト1・小園が2号2ラン!球団高卒新人の2本塁打は52年ぶり

ドラフト1・小園が2号2ラン!球団高卒新人の2本塁打は52年ぶり

<ヤクルト-広島>◇28日◇神宮 – 広島小園海斗内野手(19)が2号2ランを放った。3-1の3回2死二塁で、ヤクルト2番手大下の初球のカーブを、右翼スタンドに放り込んだ。 26日の同カー …