カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

2020年11月8日

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

広島が初めてCS進出した13年。敗退からしばらく後、石原慶に「大舞台は楽しかった?」と聞いてしまった。「楽しいと思って野球をやったことは一度もないですよ」。いつもニコニコと話してくれる男に真顔で反論された。

02年の入団時は野村、前田、緒方ら一流選手がそろい、ピリピリしていた。石原慶は緊張から「キャンプは“出社拒否症”でした。朝起きたら、球場に行くのがイヤだなって」。レギュラーをつかんでからもチームは低迷。責任を背負う捕手というポジションでもあり、ずっと苦しんで野球に取り組んでいた。

16年、自身初の優勝を決めた瞬間、マウンドに向かって猛ダッシュした。帰りのバスに乗り込む直前、記者を見つけると、右手を差し出してくれた。「あんなに速く走るイシは初めて見たぞ」。そう冷やかすと、顔をクシャクシャにした。「良かった」。その一言に実感がこもっていた。

以前の体育会気質とは真逆のノビノビとしたチームに変容。「若い子が力を発揮できれば、これでいいんですよ」。もしベテラン捕手が若手を萎縮させるような存在だったら、優勝はなかったはず。黒田、新井が表のリーダーなら、石原慶は陰の支柱だったと思う。(井之川昇平)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

セ・新人王争いは森下がリードか?同じ8勝も戸郷は規定投球回に未達

セ・新人王争いは森下がリードか?同じ8勝も戸郷は規定投球回に未達

戸郷はリーグ連覇間近のチーム牽引、ともに残されたマウンドは3試合程度か 巨人の戸郷翔征投手が11日、敵地での中日戦で6回4安打2失点と試合を作りながらも、打線の援護なく今季5敗目を喫した。2試合連続の …

小園、同学年の羽月と切磋琢磨…野球観を変えてくれたあの先輩に感謝

小園、同学年の羽月と切磋琢磨…野球観を変えてくれたあの先輩に感謝

広島・小園海斗内野手(19)が4日、気迫のバッティングを披露した。宮崎・日南キャンプ3日目のフリー打撃で、56スイングのうち安打性の当たりは25本と“打率4割4分6厘”。バットを体に巻きつけるように内 …

【菊池涼介ってこういう男(下)】あれもこれも欲しがらないバランス

【菊池涼介ってこういう男(下)】あれもこれも欲しがらないバランス

親友3人覆面座談会(下) 広島のセ・リーグ3連覇の原動力となった菊池涼介内野手(28)。その素顔を親友3人が素顔を明かす集中企画最終回。(構成・山戸英州) --菊池選手はどんな人物か B「誰よりも気遣 …