カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

1軍ヘッドで河田氏招へい、『続投決定』佐々岡監督と機動力野球を!

2020年11月13日

1軍ヘッドで河田氏招へい、『続投決定』佐々岡監督と機動力野球を!

広島・佐々岡真司監督(53)の来季続投が11日までに決まった。松田元オーナーは「目指す野球が今ひとつ選手に伝わっていない感はあったが、若い選手をどんどん(1軍に)上げて起用したことは良かった」と一定の評価を下した。

その右腕となる来季の1軍ヘッドコーチには、今季限りでヤクルト外野守備走塁コーチを退任したOBの河田雄祐氏(52)を招へいする。リーグ連覇の陰の功労者。広島の外野守備走塁コーチを務めた16、17年に機動力野球を復活させた実績が記憶に新しい。

専門分野だけにとどまらない。選手と冗談を言い合う関係性を保ちつつ厳しく接する時は接し、性格によって言葉を使い分けながら主力にも分け隔てなくものを言う。一本筋の通った指導。裏表のない人柄を慕う選手は数多く、人望は厚い。

河田氏に期待されるのはまさにこの点だ。劣化傾向にある機動力野球の立て直しはもちろん、対話重視で人心掌握術に優れる新しい参謀には、佐々岡監督の目指す野球をわかりやすく選手に伝える役割が求められる。

指揮官とは同じ1967年生まれ。95年オフに西武へ移籍するまで6年間プレーし、気心を知る。河田氏はこの日、退団あいさつに都内のヤクルト球団事務所を訪れ、報道陣に広島復帰を示唆した。近く正式発表される。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

【今、伝えたいこと】プロ野球から介護業界へ…リスクと闘う江草仁貴

【今、伝えたいこと】プロ野球から介護業界へ…リスクと闘う江草仁貴

連載「Voice――今、伝えたいこと」第4回、介護業界に転身した元投手のメッセージ 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延 …

小林雅英氏が驚嘆する『鯉の謎』!「若手の体がみるみる大きくなる」

小林雅英氏が驚嘆する『鯉の謎』!「若手の体がみるみる大きくなる」

今季は強打の捕手・坂倉、20歳羽月も1軍でプレー 広島は主に救援投手陣の不調で開幕から出遅れ、Bクラスとなっているが、今季もまた、新たな“若鯉”が台頭している。かつてロッテの絶対的守護神として大活躍し …

2010年代の広島はリーグ2位の好成績!球団史上初の3連覇も達成

2010年代の広島はリーグ2位の好成績!球団史上初の3連覇も達成

2000年代はAクラス入りが「0」 広島は1991年にセ・リーグ制覇を果たして以降、長らく優勝から遠ざかっていた。なんと2000年代の10年間はAクラスに一度も入ることができなかったのである。これは、 …