カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁が10、11月度の月間MVP受賞「絶対勝つという思いで」

2020年11月18日

森下暢仁が10、11月度の月間MVP受賞「絶対勝つという思いで」

広島の森下暢仁投手(23)が18日、2020年10、11月度「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。

10月は4試合に登板し、計19安打1失点に抑え、防御率0・31と驚異の数字をマーク。11月も8回を7安打無失点に抑え10、11月の防御率は0・24で5戦4勝だった。

ルーキー右腕は「終盤だったので、できる自分の力をしっかり出せるようにやってきた。絶対勝つという思いで取り組んできたので、その結果、勝ちがついてきた」と振り返った。

今季は9月に大瀬良が右肘手術で離脱、ジョンソンは不調で2軍調整が続くなど、先発ローテは苦戦を強いられた。「勝ったり負けたりしながらシーズンをやってきて、大地(大瀬良)さんがいなくなってからもっと頑張らないといけないなと強い気持ちがでてきた」と熱い思いを明かした。

入団時からの目標だった10勝、防御率1点台を難なくクリアし、来季もさらに期待がかかる。

「本当にうまくいった1年だったので、本当に来年が心配です」と苦笑いを浮かべながらも「しっかり来年も勝てるように準備していきたい。これ以上の成績を残せるように頑張っていきたい」と先を見据えた。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

中村奨成、美しい放物線を描いた待望の初アーチ「あの夏を思い出す」

中村奨成、美しい放物線を描いた待望の初アーチ「あの夏を思い出す」

中村奨はプロ4年目、46打席目でプロ初ホームラン 広島の中村奨成捕手が19日、東京ドームで行われたDeNA戦でプロ初ホームランを放った。プロ4年目、46打席目で飛び出した待望の初アーチにファンも「甲子 …

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

なぜ誠也の評価は高騰するのか?米国の声から見えた『真の強み』とは

今季も好成績を残している広島・鈴木誠也外野手だが、ここにきて来季のメジャー挑戦への機運が高まっている。走攻守三拍子揃った実力は、これまでも注目されてきたが、今月に入ってから複数の海外メディアが鈴木の動 …

2年ぶり5連敗のカープに『Wパンチ』、會澤がコンディション不良…

2年ぶり5連敗のカープに『Wパンチ』、會澤がコンディション不良…

広島は、1点差の惜敗で19年6~7月に喫した11連敗以来、2年ぶりの5連敗を喫した。さらに、会沢翼捕手(33)が試合前練習に参加せず、今季初めてベンチ入りメンバーから外れた。 下半身のコンディション不 …