カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔がFA権行使せず…残留!2年4億円、カープ愛貫きV奪回へ

2020年11月30日

田中広輔がFA権行使せず…残留!2年4億円、カープ愛貫きV奪回へ

V奪回を目指す広島に朗報だ。田中広輔内野手(31)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季以降もチームに残る意思を固めたことが29日、分かった。球団には既に意向を伝えており、30日にも正式発表される。

野球人生の岐路。悩んだ末に下した結論は、カープ愛を貫くものだった。球団はシーズン終了翌日の12日から複数回に渡って交渉の場を設け、慰留に努めてきた。提示された条件は、2年契約で総額4億円(金額は推定)とみられる。

不動のリードオフマンとして16~18年のリーグ3連覇に貢献し、今季から選手会長としてリーダーシップを発揮する正遊撃手。神奈川県出身で、横浜に本拠地を置くDeNAが水面下で調査を進めていると伝えられ、去就が注目されていた。

佐々岡監督就任1年目の今季、チームは2年連続でBクラスに低迷。田中広自身も出場112試合で打率・251にとどまった。ただ「(19年8月に手術した)右膝がだいぶ馴染んできた」と打ち明けた9月以降は、同・290と復調。来季への手応えを感じ取る。

ヘッドコーチとして4年振りに復帰する河田雄祐氏も「広輔には機動力の面でも核になってほしい」と1番・ショートでの復活を期待。野手はもちろん、的確な助言で遠藤、ケムナら若手投手の信頼も厚く、V奪回へ、その存在は欠かせない。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

丸「家族の関東引っ越し、事実じゃない」去就注目の本人を『再直撃』

丸「家族の関東引っ越し、事実じゃない」去就注目の本人を『再直撃』

広島からFA権行使を表明し、去就が注目される丸佳浩外野手(29)。「家族は関東に引っ越した」説に加え、「地元銀行とのイメージキャラクター契約を打ち切った」情報まで飛び交っている。11日、広島市内で本人 …

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

順調にいけば、菊池涼介は広島東洋カープを退団し、来シーズンはメジャーリーグでプレーしているだろう。ただ、必ずしもそうなるとは限らない。 菊池は出塁率が低く、そうパワーがあるわけでもない。ここ3シーズン …

龍馬、500万円減…打撃物足りん!「安打数、率、本塁打、打点も」

龍馬、500万円減…打撃物足りん!「安打数、率、本塁打、打点も」

広島の西川龍馬内野手(25)が3日、広島市内で契約更改交渉に臨み、6800万円から500万円ダウンとなる6300万円でサインした(金額は全て推定)。 今季序盤は主に3番を任され、チームを引っ張ったが、 …