カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

2020年12月7日

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

広島鈴木誠也外野手がチームの低迷に危機感を募らせた。2年連続Bクラス。「勝たないといけない試合で勝てなかった」。「逆転のカープ」と称され、3連覇した18年の逆転勝利数はリーグ最多の41だったのに対し、今季は12球団ワーストの13まで落ち込んだ。

主砲は「弱いところから3連覇があって、今は弱い時にすごく近づいている。このままだと、たぶん弱くなる」と眉をひそめた。

強い時代を知るからこそ、勝てないもどかしさがある。チームの若返りが進んでいるだけに、改めて連覇を経験している中堅以上の重要性を説いた。「僕も最初の頃は分からなかった。(1軍に)いさせてもらって、分かることがたくさんある。経験しているか、していないか」。

11月末には長年チームを支える田中広が国内FA権を行使せず残留を表明した。「経験がある人たちが数多くいた方が(若手に)伝えられると思う」。強いカープを取り戻すべく、チームの先頭に立って、仲間を鼓舞していく。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2016年以来のシーズン2発 プロ野球は28日、6試合が行われた。ナゴヤドームでは広島が10-3で中日に快勝。15安打と打線が爆発し、ルーキーの森下暢仁投手が記念すべき初勝利を手にした。打撃で目立った …

小園は「すごい」「ちょっと生意気」?!カープの選手たちが語る素顔

小園は「すごい」「ちょっと生意気」?!カープの選手たちが語る素顔

同期の大卒新人たちは脱帽「自分が高校を出たばかりの時期と比べものにならない」 24日のオープン戦初戦・DeNA戦で対外試合初ヒットとなる左前安打を放った広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手。2月1 …

チームは低迷も、若手投手が台頭!佐々岡監督が守り抜いた『決め事』

チームは低迷も、若手投手が台頭!佐々岡監督が守り抜いた『決め事』

栗林ら救援投手の連投は“原則2試合”で前半戦を戦った 広島はシーズン前半戦を32勝42敗10分で終え、5位で折り返した。投打が噛み合わない状態が続き、苦しい戦いを強いられた中で、注目されたのが就任2年 …