カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

2020年12月7日

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

広島鈴木誠也外野手がチームの低迷に危機感を募らせた。2年連続Bクラス。「勝たないといけない試合で勝てなかった」。「逆転のカープ」と称され、3連覇した18年の逆転勝利数はリーグ最多の41だったのに対し、今季は12球団ワーストの13まで落ち込んだ。

主砲は「弱いところから3連覇があって、今は弱い時にすごく近づいている。このままだと、たぶん弱くなる」と眉をひそめた。

強い時代を知るからこそ、勝てないもどかしさがある。チームの若返りが進んでいるだけに、改めて連覇を経験している中堅以上の重要性を説いた。「僕も最初の頃は分からなかった。(1軍に)いさせてもらって、分かることがたくさんある。経験しているか、していないか」。

11月末には長年チームを支える田中広が国内FA権を行使せず残留を表明した。「経験がある人たちが数多くいた方が(若手に)伝えられると思う」。強いカープを取り戻すべく、チームの先頭に立って、仲間を鼓舞していく。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

佐々木朗希と白井球審の「トラブル」、元審判員の記者は九里と経験!

佐々木朗希と白井球審の「トラブル」、元審判員の記者は九里と経験!

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が24日のオリックス戦(京セラD)に先発。5回を投げて6安打2失点で今季3勝目を挙げた。しかし、一番注目を集めたのは2回に投球判定を巡り、白井一行球審(44)がマウンド上 …

英国から来たカープ女子「パワーを」重病克服した自身に重ねる鯉の姿

英国から来たカープ女子「パワーを」重病克服した自身に重ねる鯉の姿

サッカーの母国から来たカープ女子が、チームの士気を高めている。宮崎・日南キャンプで客席からグラウンドに熱視線を送っていたのはルイーズ・サージェントさん(27)。広島グッズで身を固め、握りしめた赤いTシ …

セ・リーグ「借金球団のCS争い」に冷めた声、3位以下は大混戦も…

セ・リーグ「借金球団のCS争い」に冷めた声、3位以下は大混戦も…

セ・リーグはきょう2022年8月26日から、首位・ヤクルトと4ゲーム差で追いかける2位・DeNAの直接対決が行われる。 首位を独走してきたヤクルトだが、7月に主力選手たちが新型コロナウイルスの大量感染 …