カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

2020年12月7日

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

広島鈴木誠也外野手がチームの低迷に危機感を募らせた。2年連続Bクラス。「勝たないといけない試合で勝てなかった」。「逆転のカープ」と称され、3連覇した18年の逆転勝利数はリーグ最多の41だったのに対し、今季は12球団ワーストの13まで落ち込んだ。

主砲は「弱いところから3連覇があって、今は弱い時にすごく近づいている。このままだと、たぶん弱くなる」と眉をひそめた。

強い時代を知るからこそ、勝てないもどかしさがある。チームの若返りが進んでいるだけに、改めて連覇を経験している中堅以上の重要性を説いた。「僕も最初の頃は分からなかった。(1軍に)いさせてもらって、分かることがたくさんある。経験しているか、していないか」。

11月末には長年チームを支える田中広が国内FA権を行使せず残留を表明した。「経験がある人たちが数多くいた方が(若手に)伝えられると思う」。強いカープを取り戻すべく、チームの先頭に立って、仲間を鼓舞していく。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

育成のカープイズム、低迷中の佐々岡監督に本部長がかけたひと言とは

育成のカープイズム、低迷中の佐々岡監督に本部長がかけたひと言とは

“どん底”続きだった「広島カープ」と「阪神タイガース」。2人の異端なサラリーマンが、そんな両チームの改革に奔走し、優勝を果たすまでを追った傑作ノンフィクション『サラリーマン球団社長』(清武英利 著)。 …

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。頂点を目指す12球団それぞれの浮沈を左右するキーポイントとは一体どこなのか。注目選手も含め、球団ごとに見ていこう。 【2020年成績】 勝敗:52勝56敗12分 …

緒方監督、父への思いが『V3』の原動力だった…担当記者が振り返る

緒方監督、父への思いが『V3』の原動力だった…担当記者が振り返る

ソフトバンクとの日本シリーズに敗れ、34年ぶりの日本一には届かなかった広島。緒方監督が生まれ育った佐賀・鳥栖市では、父・義雄さん(83)が自宅で吉報を待ち望んでいた。 球場で観戦したのは2009年の引 …