カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

2020年12月30日

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

広島上本崇司内野手(30)が盛り上げ役に再名乗りを上げる。

昨季わずか3試合だった先発出場が今季14試合に増えるなど、主力の代役を担った。8月28日阪神戦(マツダスタジアム)ではプロ初のサヨナラ打を放ち、お立ち台では涙も流した。

存在感を高めた一方、若手の台頭が目立った状況からベンチでは1歩引いた立場で声を出していた。だが、チームは開幕直後から下位に低迷し、浮上することなく5位で終えた。

「勝てないとお葬式みたいになる。僕も自分のことで精いっぱいだったのもありますけど、誰か声を出してくれないかなみたいな感じでした。僕にかなうやつはいないです。野球をやる以上、楽しくなければいけない。来年は声を出していかないといけない」。

大きな声を出せば士気が上がるわけではない。仲間の心を揺さぶる“ツボ”を知るムードメーカーが来季はひと肌脱ぐ。

幼少期から背中を見てきた兄博紀(阪神)が今オフ、現役を引退した。フォロースイング後にバットを高く放り投げる動きなど影響を受けたものは数え切れない。

「もともと真面目な人で、あまり手を抜く人ではない。常にがむしゃらに、恥ずかしがらずにやる。そういうのはやっぱり格好いいと思います」。

自身も来季は原点に立ち返って、がむしゃらに勝利を目指す。代走や守備固めだけでなく、先発出場や盛り上げ役も、優勝のためなら何役でもこなすつもりだ。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

広島・赤松真人外野手(36)が12月30日、「ラストイヤーの気持ちで臨む」という来季の完全復活を改めて誓った。胃がんの切除手術から約2年。2軍で55試合に出場した今季は、夏場以降に不安が手応えに変わっ …

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

28歳の誓い。広島大瀬良大地投手(28)が年を1つ重ね、自覚を新たにした。 初めて開幕投手を務めた今季は、大黒柱としてチームを勝利に導いてきた。防御率、完投数はいずれもリーグトップ。エースと呼ばれるま …

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

広島・西川龍馬内野手(25)が25日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている合同自主トレに合流した。 5日から17日までは鹿児島・徳之島で日本ハム・近藤健介外野手(26)らと練習。同行していた近藤の …