カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

完成近いぞ!高橋昂也、150キロ投球フォームで先発ローテ奪取だ!

2021年1月18日

完成近いぞ!高橋昂也、150キロ投球フォームで先発ローテ奪取だ!

広島・高橋昂也投手(22)が17日、5年目の飛躍に向け「150キロフォーム」習得に向けた取り組みを明かした。球速アップを目指しテークバックの大きさを変更。廿日市市内の大野練習場で行われた合同練習では、今年初めてブルペン入りし約30球を投げた。真っすぐのキレにスピードも加え、1軍スタートが内定している春季キャンプでの先発ローテーション争いに備える。

微修正された投球フォームを見れば、患部の状態から新たな狙いまでが伝わってくる。高橋昂は、年明け初のブルペン投球で捕手を立たせたまま、直球のみ約30球。「結構、力強く投げた。(今年)初めてにしては良かったと思います」。19年2月に受けた左肘の側副靱帯(じんたい)再建術(通称トミー・ジョン手術)の影響がなくなったことで、最低気温3度の厳しい寒さも問題なかった。

手術後、本格復帰となった昨年11月の宮崎でのフェニックスリーグの投球を顧みて、投球フォームの見直しに着手した。

自己最速は152キロだが、同リーグでは144キロにとどまったことでテークバックを修正。左肘の負担を減らそうと始動を早めて「トップ」に素早く移行する形を模索していたものの力が伝わり切らず。オフからテークバックを大きく取る形に変更した。患部への影響を気にすることなく理想を追い求める姿勢からも、順調な調整ぶりがうかがえる。

「しっかりとテークバックを取って長く持つイメージ。勢いがつくので、スピードも上がってくると思う。150キロを目標に(球速を)出していきたい」

フェニックスリーグを視察した佐々岡監督に認められ、春季キャンプの1軍スタートは内定済み。指揮官をうならせた真っすぐのキレに球速が加われば先発ローテーション入りに一歩前進するはずだ。

「(監督の)期待に応えられるようにしたい。キャンプに入る前から直球のスピードとキレを求めたい」

K・ジョンソンが退団し、大瀬良と野村は手術明けとあって先発争いが例年になく混とんとしている。「ローテーションに入って活躍する。1勝でも多く1試合でも多く投げたい」。2年目の18年には、制球力を武器に開幕ローテーションを勝ち取った。プロ5年目の今季は「最高の真っすぐ」で勝負する。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

右大腿裏(ハムストリング)の筋挫傷で離脱した広島・丸佳浩外野手(29)が、5月下旬に始まる交流戦で復帰を目指していることが2日、分かった。4月28日の阪神戦(マツダ)で負傷交代し、現在は治療とトレーニ …

7番降格でも、らしさ全開!西川龍馬「曲芸打ち」で、適時打『2本』

7番降格でも、らしさ全開!西川龍馬「曲芸打ち」で、適時打『2本』

広島・西川龍馬外野手(26)が、16日のDeNA戦で8回の同点打を含む2安打2打点と躍動した。いずれも低めのボール気味の変化球をさばく「曲芸打ち」。不振により19年4月25日の中日戦以来となった7番降 …

菊池涼介「泥沼慰謝料」お相手女性は複数?「超独身貴族」生活に驚愕

菊池涼介「泥沼慰謝料」お相手女性は複数?「超独身貴族」生活に驚愕

広島カープの菊池涼介選手が交際相手の女性Xさんから8千万円の慰謝料を請求され、調停申立書を提出していたと「週刊朝日」が報じた。 1~2か月に1回ほどの頻度で、遠征先のホテル等で逢瀬を楽しんでいたという …