カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新人王・森下、実力を10勝で実証/『ヨネちゃんのおシャレ野球学』

2021年1月18日

新人王・森下、実力を10勝で実証/『ヨネちゃんのおシャレ野球学』

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。

2年目のジンクスに挑むシーズンとなる。昨年、セの新人王に輝いた広島の森下暢仁投手(23)だ。10勝(3敗)を挙げ、防御率は1・91。規定投球回をクリアして文句なしの受賞となった。入団前、即戦力とされた高い評価を「実証(10勝?)しました」。

広島の新人王は森下で10人目になる。過去に投手7人、打者2人。そのほとんどが2年目に苦しんだ。初の受賞者(82年)となった津田恒実は11勝6敗から9勝3敗に。防御率は上げたが、勝利が伸びなかった。プロ2年目の選手を襲う減少現象?今やエースの大瀬良大地も1年目の10勝8敗を、翌15年には3勝8敗2セーブと下げた。

例外は12年受賞の野村祐輔だ。1年目の9勝11敗を12勝6敗とした。持ち前の制球力を磨き、勝ち星を増やした。1年目にあった借金2を貯金6に変えた。投手(投資?)の運用なら野村にお任せ。2年連続して規定投球回をクリアする働き者でもあった。

前年の二の舞いはごめんとばかり、相手は研究してくる。それに投げ勝つか。まずは1年目の疲れをしっかりとって、開幕を迎えたい。もりしたら?あかんで。(おわり)(米谷輝昭)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

菊池が目指す最強の2番打者!こだわるのは「1試合1試合の貢献度」

菊池が目指す最強の2番打者!こだわるのは「1試合1試合の貢献度」

3月には1年ぶり侍招集でタイムリーを演出 今月上旬、オーストラリア代表との強化試合で2試合連続完封勝ちした侍ジャパン。昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で攻守に活躍した広島の菊池涼介も …

菊池激白!リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、「嫌われ役に」なる

菊池激白!リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、「嫌われ役」を決意

広島の菊池涼介内野手(27)が春季キャンプ休日の5日、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。 リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、自身3年ぶりの全143試合出場に強い意欲を燃やす今季。従来通り先頭に …

菊池が巨人移籍でまさかの「キクマル」再結成?どうなるFA移籍市場

菊池が巨人移籍でまさかの「キクマル」再結成?どうなるFA移籍市場

オフの風物詩でもあるFA移籍。今年も、40名程度が新たに権利を獲得する見通しで、有力選手に関しては、シーズン終了を待たずに、様々な情報が飛び交うことも恒例となっている。 今回はそんな選手たちのなかから …