カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林翔太、今季の目標に『打率3割』!誠也塾で中日・石川昂弥に刺激

2021年1月27日

堂林翔太、今季の目標に『打率3割』!誠也塾で中日・石川昂弥に刺激

広島堂林翔太内野手(29)が27日、「打率3割」を今季の目標に掲げた。1月は昨年に続き鈴木誠らと沖縄県内で自主トレを敢行し、技術に磨きをかけた。自主トレの合間には鹿児島市内の最福寺で5年連続の護摩行も実施。26日からはマツダスタジアムで1軍沖縄春季キャンプへ向けた最終調整を行っている。さらなる飛躍へ、準備を整える。

堂林のこんがりと焼けた肌が、充実の自主トレを物語っていた。1月は昨季の活躍の一因となった鈴木誠との自主トレに今年も志願して参加した。「しっかり投げて打って、いい自主トレを送ることができた」。約20日に及ぶ鍛錬を終え、26日からマツダスタジアムに戻り、キャンプインへ向けた準備を進めている。

背水の覚悟で臨んだ昨季は、三塁のレギュラーに定着。8年ぶりの規定打席に到達するなど、存在感を示した。前回の自主トレでは主砲から体重移動などの助言を受け、結果につなげた。今回は「誠也はいろいろと新しいことに取り組んですごく向上心があるなというのを改めて感じられた。勉強をさせてもらいましたし、またいい発見ができたかなと思います」と新たな手応えをつかんだ様子だ。

同じく自主トレに参加していた中日石川昂にも大きな刺激を受けた。鈴木誠に熱心にアドバイスを求めていたという中日の主砲候補に堂林は「19歳で、すごい力強いスイングをする。自分が19歳のことを考えると全然レベルが違う。自分も負けちゃいけないなと思わされた自主トレでもありました」と引き締めた。

課題の守備とも向き合った。昨季はリーグワーストの18失策を喫した。「そこもまたしっかりやらないと1年間レギュラーで出られない。少しでもミスを減らせるように」と、同じく自主トレを行う曽根に練習に付き合ってもらい、守備練習にも時間を費やした。「暖かいところでしたし、ボールもしっかり投げられた。やれることはやれたと思います」と振り返った。

今季の目標は「打率3割」だ。昨季序盤は首位打者を独走したが、後半に失速。しかし最終的に打率2割7分9厘と健闘した。堂林は「昨年の成績は上回れるように、自分も高い目標をもって最終的に3割を超えられたら」と闘志を燃やす。勝負のキャンプへ向け「走攻守すべてでレベルアップ出来るようにやっていきたい」と気合を入れた。さらなる躍進へ、臨戦態勢に入った。(古財稜明)

【プロ入り後の堂林】

★中京大中京から09年ドラフト2位で広島に入団。

★3年目の12年に開幕戦で1軍戦デビュー。全144試合に出場し、規定打席にも到達。チーム最多の14本塁打を放つなどして、ブレークを遂げた。

★同年11月には侍ジャパンに初選出され、キューバとの強化試合に出場。

★13年には背番号が「13」から「7」に変わった。

★14年オフに当時TBSのアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの枡田絵理奈と結婚。

★15年からは出場機会が減少し、19年は1軍デビュー後最少の28試合出場に終わった。

★20年には「7番一塁」で6年ぶりに開幕スタメンを勝ち取り、三塁のレギュラーに定着。8年ぶりの規定打席到達し、打率2割7分9厘、14本塁打、58打点を記録した。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

新井、黒田さんに相談「えっ、ほんまか?それが第一声でした」/引退

新井、黒田さんに相談「えっ、ほんまか?それが第一声でした」/引退

広島の新井貴浩内野手(41)は5日、マツダスタジアムで会見を行い今シーズン限りで引退することを発表した。 以下は一問一答。 (あいさつ) 「今シーズン限りで現役を引退することに決めましたので、報告させ …

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

広島・赤松真人外野手(36)が12月30日、「ラストイヤーの気持ちで臨む」という来季の完全復活を改めて誓った。胃がんの切除手術から約2年。2軍で55試合に出場した今季は、夏場以降に不安が手応えに変わっ …

田中、『完走』すれば…衣笠さん超え「1試合1試合…その積み重ね」

田中、『完走』すれば…衣笠さん超え「1試合1試合…その積み重ね」

広島・田中広輔内野手(29)が25日、今季達成が可能な偉業に静かな闘志を燃やした。3季連続となったフルイニング出場は現在568試合を数え、完走すれば同じ遊撃を守る阪神・鳥谷の667試合、故衣笠祥雄氏が …