カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、円陣で声出し!改革へ、4年ぶり初日からフルメニュー消化

2021年2月2日

鈴木誠也、円陣で声出し!改革へ、4年ぶり初日からフルメニュー消化

主将の自覚だ。広島鈴木誠也外野手(26)が沖縄春季キャンプ初日からリーダーシップを発揮した。円陣で声出し役を務めると、ベースランニングでは先頭で走り、全体練習後もバットを振った。春季キャンプ初日からのフルメニュー消化は4年ぶり。言葉だけでなく、背中でもチームを引っ張っていく。

無観客のコザしんきんスタジアムに、新主将鈴木誠の声が響いた。「1人1人がチームが何を求めているのか、何をしないといけないのかをしっかり考えて、このキャンプ1日、1日大切に取り組んでいきましょう」。ウオーミングアップ前に首脳陣、参加全選手が集まった円陣の中心で、珍しく思いを言葉にした新主将のメッセージから、春季キャンプが幕を開けた。

2年連続Bクラスから再び上位争いするためには、個々の意識改革、若手の底上げは欠かせない。若手の1人として3連覇したチームにいた鈴木誠だからこそ、伝えられるものがある。「(若手は)結果を出さないといけないし、逃げるような姿勢が見えても言われたりするので難しいけど、少しでも伝えられたら」。キャンプ前に自身の役割の一端を口にしていた。

フリー打撃では新外国人クロンの視線をくぎ付けにした。69スイングで柵越え2本も、中堅から右方向へライナーで打ち返した。ただ、打球方向も柵越えの数も本人にはあまり興味がない。春季キャンプは新たな感覚を試す期間。朝山打撃コーチも「理想が高いから、いろいろなことに挑戦している」と話すように、この日は左足を上げた際、極端に軸足に体重を残した打ち方を試していた。

言葉以上に、背中で引っ張る。投手も加わったベースランニングでは先頭で走り、17年以来4年ぶりにキャンプ初日からフルメニューを消化。ケガや自主性に任されるなど一部別メニューの始動が続いていたが、今年は初日から全体練習に加え、自主的に居残り特打も行った。「僕自身がやることは変わらない。今まで通りしっかり結果出せるように頑張りたい」。主将としての自覚は芽生えたばかりだが、主砲としての自覚はすでに強く持っている。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

長野久義、さすがの『貫禄』!ドラフト1位・森下暢仁撃ちに「順調」

長野久義、さすがの『貫禄』!ドラフト1位・森下暢仁撃ちに「順調」

沖縄2次キャンプから合流した広島長野久義外野手が、仕上がりの早さを印象づけた。球場入りすると再会したチームメート、球団関係者とがっちり握手。 「初めて会う選手もいたので、しっかりコミュニケーション取れ …

2年目の遠藤「血染め投法」上々の1軍デビュー/2軍から呼ばれて…

2年目の遠藤「血染め投法」上々の1軍デビュー/2軍から呼ばれて…

2年目の広島遠藤淳志投手が、上々の1軍デビューだ。9日、2軍から呼ばれてブルペン入り。佐々岡真司投手コーチらが見守る中、ワインドアップから変化球を交えジャスト100球を投げた。「1軍で投げるのは初めて …

緒方監督、キャンプ日南に入り、決意表明!先発陣の構想は「10人」

緒方監督、キャンプ日南に入り、決意表明!先発陣の構想は「10人」

広島緒方孝市監督が1月31日、先発10人構想をぶち上げた。 キャンプの宮崎・日南に入り、決意表明。通常の6人でなく、10人を準備させシーズンに備える考えを示した。 昨年は先発陣が乱れる場面が目立ち、チ …