カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

2021年2月4日

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した19年に自己最多の43試合に登板。現在の立ち位置を手放すまでに、先発への憧れが勝った。

現在の救援陣は、先発もこなせる投手が大半を占める。救援を専門とする中崎、今村、一岡は、いずれも春季キャンプ2軍スタート。本調子から遠ざかるのは、勤続疲労と無関係ではないだろう。避けられない負担を考えれば、救援陣が「先発への憧れ」を抱いていても不思議ではない。

そんな疑問に、菊池保は迷わず首を振る。「契約してもらった1年をどう全うするか。何年も先の疲労のことまでは気にしていないですね」。楽天時代は、チーム状況に応じて先発、救援ともにこなす立場で、15年の18試合登板が自己最多だった。広島にトレード移籍した19年から救援一本。19年58試合、20年44試合と2年連続で1軍で完走したように、救援適性があった。

「楽天の最後の年ぐらいから1回だけの方が球が良くて、中継ぎが合っているのかな…とは思っていた。(楽天時代から)1軍で投げるためならどこでも…という目標は、いまも変わっていない」

若手は、将来設計をどのように思い描いているのだろうか。1軍で先発経験もあり、昨季52試合登板した塹江は、今季高卒7年目、2月で24歳を迎える。「中継ぎは直球ともう1つ球種があれば勝負できる。先発だと4球種はほしい。僕がいま先発に…となれば技術的に厳しいかなと思う」。150キロ超の直球とスライダーで勝負できる特徴は、救援左腕として花開く条件がそろっていたと言える。

勤続疲労の指摘には、うなずける部分があると言う。「先発の方が楽ということは全くない。その前提の中で、中継ぎの負担は試合数とか目に見えて分かるので、選手生命を伸ばすには、先発の方がいいという考え方があるのは分かる」。今後も救援起用が続けば、蓄積していく疲労と戦う覚悟はできている。

大学時代から主に救援を務め、1軍で先発経験のないケムナでも「一から試合をつくっていくのは、かっこいいですよね」と憧れはある。志願する者も、希望を秘めたままの者もいる。いずれにせよ、投手生命を懸けて完全燃焼できる場所を探し求めている。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

あいさつをちっちゃい声で言ったこと…/カープ・小園のインタビュー

あいさつをちっちゃい声で言ったこと…/カープ・小園のインタビュー

広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18=報徳学園)はキャンプ初の休日となった4日、日刊スポーツの「1番星インタビュー」に応じ、「1番」をキーワードに第1クールを振り返った。 5日からの第2クールに向け …

菊池涼介「泥沼慰謝料」お相手女性は複数?「超独身貴族」生活に驚愕

菊池涼介「泥沼慰謝料」お相手女性は複数?「超独身貴族」生活に驚愕

広島カープの菊池涼介選手が交際相手の女性Xさんから8千万円の慰謝料を請求され、調停申立書を提出していたと「週刊朝日」が報じた。 1~2か月に1回ほどの頻度で、遠征先のホテル等で逢瀬を楽しんでいたという …

ウエスタン・リーグ2冠の2年目・林晃汰が初昇格「とにかく打つ!」

ウエスタン・リーグ2冠の2年目・林晃汰が初昇格「とにかく打つ!」

広島2年目の林晃汰内野手(19)が、プロ入り後初めて1軍に昇格した。 今季ウエスタン・リーグでは57試合で4番に座り、打率2割5分9厘ながら、リーグトップタイの7本塁打、同1位の32打点と2冠を誇り、 …