カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ秘伝、非情なノックと猛練習…二軍キャンプが豪華投手陣なワケ

2021年2月5日

カープ秘伝、非情なノックと猛練習…二軍キャンプが豪華投手陣なワケ

2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインした。新型コロナウイルス禍で無観客での練習となる中、なかなか報じられない二軍キャンプの様子について、複数球団にわたってお送りする。

キャンプ3日目の2月3日も宮崎は暖かかった。

この地を訪れるたび、筆者は「日南市」と書いて「赤い」あるいは「カープ」とルビを振りたいような気持ちがある。

何しろ日南市天福球場ができたのは1962年だが、その翌年から広島キャンプが始まっている。12球団でも巨人の宮崎キャンプに次ぐ古さだ。貧乏な市民球団だった時代から、日南市民はカープを応援してきた。もちろんカープの本拠地は広島市だが、100万都市である広島の応援の熱気と、人口5万人の日南市の熱気ではひょっとすると日南市の方が“密度”が濃いのかもしれない。

去年までは天福球場前には屋台がにぎやかに並び、広島から、全国から、そして近隣からもファンが集まっていた。散歩をしている近所のおじさんが連れているチワワまで赤い服を着ていたくらいで、とにかく町中が真っ赤になって応援していた。

例年なら屋台でにぎわうはずの球場周辺だが

しかし、今年は様相が一変した。

新型コロナで無観客になった上に、一軍は沖縄県沖縄市で春季キャンプをスタートし、日南では二軍だけがキャンプを張ることになった。日南のファンにとってはダブルショックだ。

屋台村は駐車場に戻り、警備員以外誰もいない。例年なら選手を一目見ようと詰め掛けるファンをかき分けて球場に入ったものだが、今年は何にもなし。拍子抜けしたが気を取り直して観客席から野手の練習を見る。

普通ならスタンドは半分以上埋まるのだが、メディア以外誰もいない。とはいえ、お客がいなくても春季キャンプでやることは変わらない。メイングラウンドでは、野手陣はアップ、キャッチボールからペッパー、走塁とお決まりのコースで練習が進む。お客がいない分、選手の動きに集中できる印象だ。

広島と言えば猛練習。ノックの苛烈さで知られている。

内野は2018年のドラ1小園海斗、2019年ドラ4韮澤雄也、楽天から一昨年やってきた三好匠などがノックを受けている。

広島の内野ノックはただゴロを打っているだけではない。

動きが悪いなと思えば、ノッカーは右に左に伸びのないボテボテのゴロを転がす。追いかけて追いかけて追いついたと思ったら、また反対にボテボテ。野手の下半身が悲鳴を上げる。ノッカーは内野手の動きをじっくり見つめながら実に丁寧に、非情なゴロを打っていく。筆者はこのゴロを「ねんゴロ」と名付けたくなった。

高二軍監督が自らノックバットを振って

ノッカーは2人だったが、内野守備走塁担当の山田和利コーチとともにノックバットを振っているのは背番号「71」、今年一軍ヘッドコーチから二軍指揮官に復帰した高信二監督だ。現役時代は守備の名手として知られたが、監督自らがノックバットを振るとは。意気込みが違うと思った。

「あと10本」、「エラーしたからもう1本」

ほとんどの選手が20代で、精いっぱい大声を張り上げるがこれもなかなか見ものだった。

その横では白濱裕太や磯村嘉孝など一軍マスクをうかがうようなクラスの捕手が、背番号3ケタの育成捕手とともにノックを受けている。これを見ると育成選手もライバルなのだと実感できる。

一軍キャンプと見まごうばかりの投手陣が

グラウンド右翼奥のブルペンからは景気のいい音が聞こえてきた。

今年の広島の春季キャンプは一大事である。この日、配布された春季キャンプのスケジュールには「14」大瀬良大地、「16」今村猛、「17」岡田明丈、「19」野村祐輔、「21」中崎翔太、「26」中田廉、「30」一岡竜司、「39」菊池保則と、一軍キャンプと見まごうばかりの顔ぶれが並んでいる。

少し前の「先発ローテ」+「勝利の方程式」がそっくりそのまま二軍にいるのだ。昨年の広島の敗因は、これら投手陣が十分な働きを見せられなかったのが大きかったのは、昨年末の記録の総括で少し触れた。

こと投手陣について言えば、二軍キャンプの目的は彼らを少しでも早く沖縄市の一軍キャンプに送り込むことにあるだろう。

ブルペンでは中堅クラスの高橋樹也、中村恭平などが投げていたが、見落としそうになる一番端っこで今村猛が黙々と投げていた。広島3連覇の2年目にはリーグ最多タイの68試合に投げて23セーブ17ホールド。途中からは故障で離脱した中崎翔太に代わってクローザーとしても奮闘した。

2018年以降は成績が下落したがカープの「勝利の方程式」には欠かせない投手だ。黙々と投げるその姿には、「今年こそは」という固い決意が見て取れた。

独立Lからドラ5で入団した20歳行木

筆者はこの春季キャンプで気になる選手がいる。

筆者が昨年ドラフト前と、ドラフト発表当日に取材した、行木(なみき)俊だ。徳島インディゴソックスからドラフト5位で入団した。背番号は「68」。大したご縁ではないが、ちょっと親戚みたいな気持ちでどきどきしながら探した。

行木は室内練習場で、投内連携から牽制と投手の練習メニューをこなしていた。一緒に練習するグループには野村祐輔もいる。独立リーグから入団したての20歳が、いきなりエース級と一緒に練習するのはどんな心持なのだろう、筆者なら舞い上がってしまいそうだが、行木は淡々とした表情で体を動かしていた。

高二軍監督「基本的なことをやるのが大事」

そしてヤクルトの池山監督と同様、昼食時に高信二・二軍監督に話を聞くことができた。

なお感染症対策で、球場内では話が聞けない。メインゲート前でソーシャルディスタンスを確保して話を聞くことになった。

「キャンプは一軍も二軍も関係なく、チームプレーや作戦面の徹底とか、基本的なことをやるのが大事です。あとは振り込み、投げ込み、自分の力をつけていくことですね。練習が一番できる時期ですからね」

――今日もノックバットをふるっておられましたが、やはりハードワークが大事なんですね?

「キャンプは(ノックを)数多く受けることもできますし、シーズンに入ったら練習も限られてきますから。1日目からいっぱい練習する中で、怪我をしない前提でまさしく“動き回る”ことが大事ですね。それがキャンプだと思うんですね」

――二軍キャンプにはベテランから新人まで来ていますが、ベテランにはどんなことに気を配りますか?

「ベテランには実績があって戦力で、たまたま調整遅れで二軍に来ている人と、年齢で力が落ちてくるのを踏ん張ってもう一度一軍を目指すのと、二通りあると思います。例えば大瀬良大地なんか故障明けということで、徐々に上げていくキャンプでいいと思うんですが、中崎翔太とか今村猛とか、一軍で実績があった連中はもう1回、一花咲かせるということで、ある意味で若手以上にやらなくちゃいけない。そういう面もありますよね」

――では、ルーキーは?

「高卒のルーキーもいますが、これだけずっと一日中野球をすること自体が初めての体験だと思います。体力をつけることと、怪我をしないように。その辺りは気を付けています」

――今年は去年までとは様変わりして、寂しいキャンプになっていますが?

「これは12球団全部同じです。宮崎県も独自の緊急事態宣言を出しておられますし、そんな中で僕らも外食自粛だし、なかなかストレスの発散もむずかしいですが、野球が仕事だということで、仕事に集中できる状況かなと思います。

昨年まで二軍は東光寺球場(日南市)で、一軍が天福球場でした。こちらの方が室内練習場が隣接しているなど設備はいいので、練習環境としてはよくなったと思います」

ルーキー行木にも話を聞くことができた

小松剛広報のご厚意もあって、行木俊にも話を聞くことができた。奇遇にも小松広報は選手時代に行木と同じ徳島インディゴソックスに派遣された時期がある。

――まだキャンプ3日目ですけど、どんな感じですか?

「初日は緊張したんですけど、少し慣れてきました。初日にブルペンに入りましたが、感触としてはまだまだだな、制球力やキレはまだイマイチかなと感じました」

――大瀬良投手など先輩投手の投球は見ましたか?

「大瀬良さんをちょっと遠くから見たくらいですが、やっぱり一軍で活躍されている投手はすごいなと思いました」

――春季キャンプはホテル生活で環境は大きく変わりましたが? キャンプの印象は?

「自分は全然苦じゃないですね。去年までの独立リーグに比べれば充実していますから。ただファンの方に見られながら練習するんだろうなと思ったのが、お客さんがいないのでまだ実感がわきません」

――当面の目標は?

「監督やコーチからは、怪我しないようにと言われています。もともと故障があったので、気を付けて練習するようにしています。その中で一軍で1試合でも多く投げたいです。キャンプ中に一軍に呼ばれて、沖縄に行くことになったらいいと思いますが、そのためにも今しっかり練習しないと、と思います」

二軍キャンプには野心や向上心が渦巻いている

昨秋に徳島でインタビューしたときも、ドラフト指名が決まった席でも、行木は本当に落ち着いていた。1月8日に20歳になったばかりだが、自分の目標はここではないとはっきりわかっているのだろう。

二軍キャンプにはこんな希望や、野心や、向上心が渦巻いている。それを感じるのも魅力だといえるだろう。(広尾晃)

(※引用元 Number Web

関連記事

巨人・丸、カープ大ブーイング覚悟「プロである以上割り切ってやる」

巨人・丸、カープ大ブーイング覚悟「プロである以上割り切ってやる」

巨人は4日、広島とのオープン戦2連戦(5、6日=マツダ)に備え、広島入りした。このオフにフリーエージェント(FA)権を行使し、5年総額25億5000万円の大型契約で巨人入りした丸佳浩外野手(29)は、 …

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜け …

メジャーが熱視線の鈴木誠也、コロナ禍で来季もカープの可能性高まる

メジャーが熱視線の鈴木誠也、コロナ禍で来季もカープの可能性高まる

メジャーのスカウトが熱視線を送る広島・鈴木誠也外野手(26)が来季も赤ヘルの一員としてプレーする可能性が高まっている。 球団関係者は「今年は難しいのではないか。向こう(米国)はコロナで大変になっている …