カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林の剛球がベールを脱いだ!フリー打撃で、誠也とクロンねじ伏せた

2021年2月10日

栗林の剛球がベールを脱いだ!フリー打撃で、誠也とクロンねじ伏せた

広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が春季キャンプ第2クール最終日の9日、フリー打撃に初登板して威力十分の剛球を披露した。鈴木誠、クロンら主力4人を相手に全球直球で19スイング中ファウル11本と押し込んだ。いまだ調整段階ながら、強打者にも通用する直球の切れを見せた。

捉えたはずの主力の打球が、ことごとく前に飛ばなかった。栗林が務めた打撃投手の相手は、鈴木誠、クロン、長野、田中広の4人。全球直球と打者有利の状況で19スイングで安打性3本、ファウル11本と押し込んだ。

「打者に投げるのは初めてだったので、打者の反応とか、どれくらい通用するのかを意識して投げました。最初の15球くらいまでは、ある程度自分の思い通りに投げられて、ファウルも取れたので良かったかなと思います」

最速は146キロを計測した。直前に同じ打者4人と対戦した森下は、27スイングでファウル11球。森下は最速145キロと同程度の球速ながら、栗林のファウルの割合が上回ったのは、直球に切れがあった証と言える。打席に立った田中広からは「しっかり腕も振れている。キレイな縦のいい角度の回転。本人もそんなに力を入れて投げていないと思うけど、いい球は来ていた」と評価された。

まだ全開ではない。30球中ボールが11球を数えた。ここから、直球の強さとともに制球力を高めていく段階に入る。「練習からしっかりやっていけば、打撃投手でも試合でも(ストライクを)取りたいときに取れると思う。そこが課題になる」。あす11日の第3クールからシート打撃などの実戦登板に移る予定で、仕上がりはもう一段階上がりそうだ。

「実戦が本格的に始まる。(ドラフト)1位で獲ってもらったからには、1位の役割をしないといけない。ここからしっかりアピールして(キャンプを)1軍のまま完走できるようにしたいです」

先発入りを期待する佐々岡監督からは「まだ100(%)ではない中でしっかりとした球を投げていた。焦る気持ちを抑えながらここまでやってきた。順調に来ている」と上々の評価を与えられた。変化球を投げずとも、十分に期待を抱かせるだけの剛球だった。(河合 洋介)

<他球団スカウトの反応>

▼阪神御子柴スコアラー いいものを見せてもらった。あれだけの直球があれば、他の変化球も生きる。森下くんと遜色のない球を投げていた。

▼中日岩田スコアラー 直球はずっといい。強くて低い真っすぐ。変化球を投げて走者を背負ってどうなるか。先発でも後ろでもいけそうな感じですね。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池涼介の失策に物言い!張本氏&上原氏「これはエラーじゃないよ」

菊池涼介の失策に物言い!張本氏&上原氏「これはエラーじゃないよ」

張本勲氏(80)が4日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモート出演。2日のDeNA戦で2年ぶりのエラーを記録した広島菊池涼介内野手についてコメントした。 8回2死一、二塁から桑原の二遊間への打 …

誠也、2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞「見えないミス減らす」

誠也、2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞「見えないミス減らす」

広島鈴木誠也外野手が2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞を受賞した。「足をケガして動けなくて、諦めてたところもあった。守備での怖さもほとんどなく、バンバン動けるようになって、また興味が出てきた。一瞬、 …

菊池涼介、世界一とメジャーで揺れる心…「むち打ち」メキシコ戦欠場

菊池涼介、世界一とメジャーで揺れる心…「むち打ち」メキシコ戦欠場

侍ジャパンの菊池涼介内野手(29)=広島=が13日、故障でメキシコ戦を欠場。メジャー移籍に黄信号がともった。 前日12日の米国戦で、守備中に覚えた首の違和感から途中交代。症状について、チーム関係者は「 …