カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

2018年1月11日

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

広島に赴任して数日が経った。関係者にあいさつして回る中で感じるのは、球団の編成担当者に比較的若い人材が目立つことだ。

例えば、年明けに就任した編成部長は42歳。記者と1歳違いの同世代だ。過去に担当した球団では、もう少し上の世代が多かった。

「バランスの取れた組織づくりをしないといけないからね。今後を支えられる形にしていかないと」

仕事始めの日に、球団の体制について松田オーナーが語った。猛練習で選手育成に定評があるが、将来を担う人材は選手だけではない。フロントマンもしかり。ここにも“育成のカープ”の色があった。

同オーナーは、丸から届いた年賀状も紹介。「3連覇して、マツダスタジアムでビールかけがしたいです」とメッセージが書いてあったそうだ。2連覇の胴上げはともに敵地だった。

「チームも我々も同じ気持ち。3連覇の先には日本一があるんよ」。そう話すオーナーは、今秋ドラフトの補強ポイントについても熱く語った。球団と現場の一体感に、今後へのビジョンが加わる。黄金時代到来と言われる理由が、垣間見えた気がした。【広島担当 大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

「打ち取った」ではなく「打ち取れた」 キャッチャーとしてマスク越しに見た代打論を語っていきましょう。どういうタイプが嫌で、どういうタイプがくみしやすいのか。やっぱり、初球からしっかりタイミングを取れて …

佐々岡監督、貧打打開に期待「チームで1つ束になって」交流戦の屈辱

佐々岡監督、貧打打開に期待「チームで1つ束になって」交流戦の屈辱

交流戦の屈辱をはね返せ!広島は17日、首位ヤクルトとの3連戦(神宮)でリーグ戦を再開する。交流戦は5勝13敗で開催3年連続の最下位に沈んだが、佐々岡真司監督(54)は「もう1度、チームで1つ束になって …

チームは低迷も、若手投手が台頭!佐々岡監督が守り抜いた『決め事』

チームは低迷も、若手投手が台頭!佐々岡監督が守り抜いた『決め事』

栗林ら救援投手の連投は“原則2試合”で前半戦を戦った 広島はシーズン前半戦を32勝42敗10分で終え、5位で折り返した。投打が噛み合わない状態が続き、苦しい戦いを強いられた中で、注目されたのが就任2年 …