カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

2018年1月11日

広島カープで見た、球団と現場の一体感!黄金時代到来の『理由』

広島に赴任して数日が経った。関係者にあいさつして回る中で感じるのは、球団の編成担当者に比較的若い人材が目立つことだ。

例えば、年明けに就任した編成部長は42歳。記者と1歳違いの同世代だ。過去に担当した球団では、もう少し上の世代が多かった。

「バランスの取れた組織づくりをしないといけないからね。今後を支えられる形にしていかないと」

仕事始めの日に、球団の体制について松田オーナーが語った。猛練習で選手育成に定評があるが、将来を担う人材は選手だけではない。フロントマンもしかり。ここにも“育成のカープ”の色があった。

同オーナーは、丸から届いた年賀状も紹介。「3連覇して、マツダスタジアムでビールかけがしたいです」とメッセージが書いてあったそうだ。2連覇の胴上げはともに敵地だった。

「チームも我々も同じ気持ち。3連覇の先には日本一があるんよ」。そう話すオーナーは、今秋ドラフトの補強ポイントについても熱く語った。球団と現場の一体感に、今後へのビジョンが加わる。黄金時代到来と言われる理由が、垣間見えた気がした。【広島担当 大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」③なぜマネしないのか?

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」③なぜマネしないのか?

広島の強みは経営面だけではない。ベテラン番記者が語る。 「今年は野間峻祥(25)やフランスア(25)らがブレイクしましたが、ここ数年のカープは必ず数人の若手が重要な戦力に浮上する。伝統的に練習のキツさ …

カープが何としても生き残るため、緒方監督に迫られる『決断』とは?

カープが何としても生き残るため、緒方監督に迫られる『決断』とは?

激闘4時間25分。4対4の同点で今シリーズ2度目の延長戦にもつれこんだ、直後の10回裏ソフトバンクの攻撃だ。 広島の守護神・中崎翔太投手がソフトバンクの4番・柳田悠岐外野手に投じた2球目だった。 「打 …

http://www.sanspo.com/baseball/news/20180408/car18040813080002-n1.html

好調カープ打線が韓国製秘密マシン導入、3連覇へ打って、打ちまくる

セ・リーグ最強のカープ打線が秘密マシン導入!?黒いボディーの側面は「ZEST(ゼスト)」のロゴ。マツダスタジアムのベンチ裏の一室に突如出現し、話題を呼んでいる。 高ヘッドコーチは「新しい機械を導入した …