カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

2021年3月2日

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

大瀬良は安心させられる内容だった。逆にオーバーペースを心配してしまうくらい、手術後初めての実戦の段階としては、不安な点は何もなかった。

ボールの質、キレ、制球、全てが本来のものに近かった。中でも一番良かったのは「意図した球が、意図した場所に投げられた」ということだ。3回、平沼、浅間、西川と3人の左打者から三振を奪った。

決め球は全て外角からゾーンに入ってくるカットボール。いわゆるバックドアだった。昨年は投げ切れなかった印象がある。それだけに結果ではなく、仮に安打を打たれたとしても、本人は納得のできる球だったのではないか。

体の状態が悪ければ、腕を振り切れず制球を乱すが、高めに抜ける球もなかった。ボールが指にかかっている証拠だろう。エースである以上、周囲は最低でも2桁勝利は期待する。責任感の強い選手だからこそ、気負わずに調整を進めてほしいが、この試合の投球を見る限り、心配はいらないだろう。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

メジャー挑戦の菊池がチーム決別を決めた真相、盟友が去ったのが発端

メジャー挑戦の菊池がチーム決別を決めた真相、盟友が去ったのが発端

問題は、左足。広島東洋カープ・菊池涼介内野手のポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦は、米メディアでも大きく取り上げられていた。米フォーブス誌は「すぐにメジャーリーグのゴールドグラブ賞候補になる …

新井貴浩氏、菊池が頑張る姿に若手の手本になる!侍でも不可欠な存在

新井貴浩氏、菊池が頑張る姿に若手の手本になる!侍でも不可欠な存在

スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。 キク(広島・菊池涼)の元気な顔を見ることができて …

イチローを語る15、西川龍馬(カープ)「究極はそこじゃないかと」

イチローを語る15、西川龍馬(カープ)「究極はそこじゃないかと」

グラブはイチローさんモデルでした マリナーズの一員として来日を果たしたイチロー。週刊ベースボール3月25日号では、『イチローを語る』という企画を組んだ。 今回からしばらく、その言葉を一人ずつ紹介してい …