カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「ビジネス書を読破」新加入のクロンって?誠也をひたすら観察して…

2021年3月3日

「ビジネス書を読破」新加入のクロンって?誠也をひたすら観察して…

「この本のように1日1日、自分がどのような人になりたいか、どのような選手になりたいかを考えて、ここで成功するためにやっている」

日本球界初挑戦となる新外国人選手でただ1人、春季キャンプに参加した広島ケビン・クロンが、来日後の隔離期間中に線を引きメモをしながら、ある本を読破したと話してくれた。

実例や研究結果に基づき「小さな習慣」を身に付けるための技術や効果などをまとめた『複利で伸びる1つの習慣』というビジネス本で、同著曰く《習慣とは自己改善を複利で積み上げたもの》だという。クロンが広島キャンプに取り組む姿勢にも重なる部分が多くあるように感じられた。

食い入るように見たのは、主砲・鈴木誠也

もちろん、彼の野球に対する姿勢は同著の影響によるものだけではない。習慣の変化を受け入れられているのは、クロンの持つ自制心と謙虚な人柄ゆえだろう。日本人選手の練習態度に触発され、1球1球を無駄にしない。日本の指導者の意見を素直に聞き入れる。

「目的地のようなゴールを設定するのではなく、自分がどうなりたいか。そうなるためのプロセスを大事にしている。それが自然とゴールにつながるだけ。3割を打つことを目指すのではなく、3割を打った人は何をしているのかを考える。これまでやってきたルーティンに、それを足してやっている。

野球以外においても同じ。たとえば食事。自分が痩せたい、いい体を保ちたいと思えば、痩せている人は何をしているのかを考えればいい。ただ、それだけのことです」

クロンにとってその“真似るべき対象”は、広島の主砲、鈴木誠也だった。春季キャンプ初日から打撃を食い入るように見ていたが、ときには3つある打撃ケージを順番に打つ背番号1を追うように、その都度クロンも移動して真後ろで見つめるほど熱心だった。

来日前から「Seiya Suzuki」の名は知っていたというが、同じ右打者として共通点は多い。首脳陣も相乗効果に期待して、数人1組での練習メニューではほぼ2人を同組に設定した。

「リーグの中でも素晴らしい打者として知られる選手が同じチームにいるので、彼の打撃を見て自分も学ぶことがあるのではないかと思った。実際に見て、体のバランス、下半身の使い方は素晴らしい。自分に取り入れられるかは分かりませんが、いい打者のいいところを見て、自分も勉強していくことは必ず役立つんじゃないかな」

習慣は環境と結びついている。練習量の多い広島キャンプは、日本を代表する打者がいたこともあって、新しい習慣を身に付けやすい環境だったといえる。実際、米国時代と同じフロントティーを継続しつつ日本式の打撃練習を加えたことで、日本式が受け入れやすくなったという。

「4番」や「本塁打量産」には興味ない

クロンは米国時代から長距離砲として将来を期待された若手有望株の一人だった。19年には3Aでリーグ最多38本塁打を記録している。打率3割3分1厘、105打点、OPSは1.226という好成績も残した。一方で、これまでの「将来性あるパワーヒッター」や「有望な若手選手」という自らのアイデンティティーを、「広島の勝利に貢献できる選手」に転換したいと考えているようだ。

「アメリカでも日本でもパワーヒッターには変わりないけど、そこから勝者は何をするかと考えて、しっかりとした準備ができれば、チームを勝利に導ける選手になれるはず。だから、自分がどういう選手なのかを考えて取り組むことを大切にしたい」

「4番」や「本塁打量産」などには興味を示さない。日本で成功するという「ゴール」に目を向けるのではなく、あくまでもプロセスに主眼を置く。だからこそ、クロンは日本式の長い練習時間の中にある小さな習慣も継続できるのだろう。

打撃コーチと2時間以上話して見えたこと

一方で日本球界への適応のためと、昨年ほとんど実戦に出ていないことを考慮され、キャンプ期間中の実戦では積極起用されたが、対外試合では思うような結果は出ない。今年初の対外試合となった16日ロッテとの練習試合から20日ヤクルトとの練習試合まで12打席連続無安打。調整段階とはいえ、結果が出ないと焦りが生じる。5打数無安打3三振で終えた20日ヤクルト戦のベンチでは落ち込んでいる様子もうかがえた。焦りはフォームを崩す一因となり、打ちにいく際にテークバックを取ったグリップの位置が緩むことで、力強さが軽減されてしまっていた。悪い習慣は改善しなければいけない。

20日夜、クロンは通訳を介して迎祐一郎打撃コーチと2時間以上、話し込んだという。翌21日の試合前練習では、朝山東洋打撃コーチから付きっきりの指導を受け、ここでもお互いの意見交換に時間を使った。

「今は、結果は気にしていない。自分のスイングをしてくれればいい」

「一番いけないのはヒットを欲しがって小さくなること」

コーチ陣からの一方通行のやりとりではなく、しっかりと理解、相談した上での主観と客観のすり合わせ。有益な会話ができたからか、21日阪神との練習試合では対外試合初安打となる二塁打を記録した。本来の大きなテークバックからの力強いスイングが戻った。

「何試合か(好結果が)続かないと、どうしても結果を求めて自分の中で焦りが出てきてしまう。頭の中で分かっていても、体が結果、結果となって崩してしまった部分があった」

たしかに練習に取り組む姿勢はキャンプ初日から最後まで変わらなかった。結果に左右されるのではなく、見直しと考察を繰り返し、モチベーションを維持し続けた。

『どういう選手になりたいか』プロセスを大事に

「自分の野球人生において、ゴールを設定するときは自分がどういう選手になりたいか、自分がどういう選手であるかということを考えてきた。今は目標だけじゃなくて過程もしっかり踏めているのかなと思います。これからも変わらず『どういう選手になりたいか』ということを考え続けて、そのプロセスを大事にしていきたい」

〈本当に長続きする考え方は、目標を抜きにした考え方だ〉

クロンが取り入れた小さな習慣によって、どのような結果がもたらされるのか。彼から新たに勧められた『エゴを抑える技術』の内容とともに、注目していきたい。(前原淳)

(※引用元 Number Web

関連記事

MVP侍J鈴木に米記者が太鼓判「大リーグでもスターになるだろう」

MVP侍J鈴木に米記者が太鼓判「大リーグでもスターになるだろう」

MVP鈴木は今大会中にメジャースカウトにも注目されていた 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回 WBSC プレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一を決めた。最優秀選手(M …

東出コーチをうならせた!ドラフト2位・宇草孔基が初のフリー打撃

東出コーチをうならせた!ドラフト2位・宇草孔基が初のフリー打撃

広島ドラフト2位の宇草孔基外野手(22=法大)が、新人合同自主トレ初のフリー打撃で、視察した東出2軍打撃コーチをうならせた。 小さなテークバックからコンパクトなスイングで大野練習場に快音を響かせ、昨年 …

西川龍馬「きっちり仕事の後の練習できつかった」/社会人時代の仕事

西川龍馬「きっちり仕事の後の練習できつかった」/社会人時代の仕事

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「社会人時代のお仕事」です。 広島・西川龍馬内野手 王子時代は週5日、午前中に仕事をしていました …