カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

オープン戦白星発進!大瀬良4回0封、投球の幅見せ「開幕投手」証明

2021年3月6日

オープン戦白星発進!大瀬良4回0封、投球の幅見せ「開幕投手」証明

オープン戦(3月6日、カープ1-0ヤクルト、マツダスタジアム)

好発進。開幕投手の広島大瀬良大地投手(29)が6日、オープン戦の開幕投手を務めた。マツダスタジアムでヤクルト戦に先発し、4回を2安打無失点。直球は最速146キロを計測し、得意のカットボール以外の球種も効果的に使った。大役が決まって初めての登板で無四球4奪三振のおまけつき。3年連続開幕戦勝利へ大きな弾みをつけた。

自分の力で「3年連続開幕投手」の称号にふさわしいことを証明した。真っすぐと得意のカットボールでヤクルト打線を押し、改良を重ねるフォークを積極的に投じた。4回先頭坂口に対し、追い込んでからのフォークは捕手の1メートルほど手前でバウンド。それでも2球続けたフォークは膝元からスッと落として空を切らせた。2死後、4番の村上には真っすぐで追い込み、最後は117キロのカーブで空を切らせた。調整登板ながら、投球の幅を感じさせた。

立ち上がりはわずかに力みが見られた。1回、初球から引っかけたようなボール球が2球続き、真っすぐが浮く場面も見られた。昨季の最終登板となった9月5日DeNA戦以来となる有観客のマウンド。「お客さんが入って、沖縄の試合とは違った空気もあった」。わずかに高めに抜けても力とキレでファウルにさせ、3者凡退で滑り出した。

2回は無死一、三塁とされたが、宮本を得意球カットボールで見逃し三振。続く西田もカットボールで遊ゴロ併殺に打ち取った。尻上がりにキレだけでなく、精度も上がった。3回以降は3三振を奪うなど、4回まで完全投球でオープン戦初登板を締めくくった。結果だけでなく、内容も伴う投球に「このまま調整していって精度を上げていきたい」と手応えを口にした。

大役を託した佐々岡監督も「あとは細かいコントロールを修正していってくれればいいくらいで、順調だと思う」と信頼を高めた。調整登板はあと2試合。大瀬良は「課題をつぶしていく中で、うまくいかない時もあると思う。そうなったら、そうなった時なりに抑えていく、そういう形をまた新しく見つけていきたい」とキリリ。もはや、手術の不安など感じられない。新たな可能性を感じる53球だった。【前原淳】

▽広島会沢(大瀬良について)「真っすぐを多めに投げられたし、(多めに)投げられるということは状態がいいということ。いろんな球種を使えたのも良かった。今日の投球は2人でしっかりと、いい収穫になったと思います」

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

V4のカギは4番・誠也の前打つ3番!東出コーチ「西川ハマってる」

V4のカギは4番・誠也の前打つ3番!東出コーチ「西川ハマってる」

オープン戦(3月9日、カープ12-5DeNA、福山) 広島打線が乱打戦を制して逆転で大勝。オープン戦は無敗の4連勝となり、単独首位に立った。 1点を追う3回1死二、三塁。西川龍馬内野手(24)がDeN …

無観客に反応様々…田中広輔「声援が力」、鈴木誠也「モチベ難しい」

無観客に反応様々…田中広輔「声援が力」、鈴木誠也「モチベ難しい」

オープン戦(2月29日、カープ1-3中日、ナゴヤドーム) 広島がキャンプ地以外で初のオープン戦に臨んだが、打線は再三の好機を生かせず逆転負けを喫した。 オープン戦はこの日から新型コロナウイルス感染予防 …

昨季セ最多勝の九里亜蓮が大炎上…3被弾を含む、5回を9安打8失点

昨季セ最多勝の九里亜蓮が大炎上…3被弾を含む、5回を9安打8失点

オープン戦(3月15日、カープ6-10ロッテ、ZOZOマリン) 広島・九里亜蓮投手(30)が3被弾を含む5回90球で9安打8失点と大炎上。ちょうど2週間後に迫った本拠地開幕戦の登板へ不安を残した。 2 …