カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

4番・誠也で開幕!肝は、巨人対策!?左右交互のジグザグ打線で対抗

2021年3月23日

4番・誠也で開幕!肝は、巨人対策!?左右交互のジグザグ打線で対抗

広島は、開幕オーダーを1番から左右交互に並べる「ジグザグ打線」で臨む。DHを解除してシーズンを想定したオープン戦のラスト3試合は、1番から田中広、菊池涼、西川、鈴木誠の順で固定した。

河田ヘッドコーチは「それ(開幕オーダー)でいいと思う。特別に打順で策を講じるつもりはない」と説明。3番候補だった鈴木誠は、オープン戦の最後4試合で4番起用され、4年連続の「開幕4番」に内定した。

また、5番に松山、6番にはクロン(ダイヤモンドバックス)か堂林が座り、1番から6番まで左右交互に打者が並ぶことになる。同ヘッドは「左を固めたくない。巨人とかは左のいい投手が並んだりする。あまりそういう(左が並ぶ)形にはしたくない」とリーグ連覇中の巨人対策として思い描いた。

当初4番候補だった新外国人クロンは、オープン戦打率・063の不調により、6、7番で起用される。朝山打撃コーチは「楽に打たせてあげたい。6、7番で“一発が出てくれれば”ぐらいで」と一発長打に期待した。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

鈴木誠也が、打撃の進化論について語る「野球を仕事と思っていない」

鈴木誠也が、打撃の進化論について語る「野球を仕事と思っていない」

広島鈴木誠也外野手(26)が日刊スポーツの独占インタビューに応じ、打撃の「進化論」を語った。 広島だけでなく、侍ジャパンでも確固たる地位を築いているスラッガーは今春、大胆な打撃フォーム改造に取り組む。 …

大瀬良、エースの決意!いざ、開幕投手へ…「そこを目指すのが当然」

大瀬良、エースの決意!いざ、開幕投手へ…「そこを目指すのが当然」

大瀬良大地は初めての開幕マウンドを見据えている。「投手である以上、そこを目指すのが当然ですから」。昨季はセ・リーグ2冠に輝いた。15勝で最多勝利投手となり、勝率第一位の.682もマーク。周囲を納得させ …

ジョンソン、防御率1位維持も結果待ちに…声荒らげて「次の質問!」

ジョンソン、防御率1位維持も結果待ちに…声荒らげて「次の質問!」

広島のクリス・ジョンソン投手(34)が6回2/3を4失点で8敗目。防御率リーグ1位をキープしたが、2015年の最優秀防御率以来となるタイトル獲得は2位以下の投手が試合を残しており微妙な状況になった。 …