カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新人が体力測定、『ケムナ・ブラッド・誠』の下半身筋力は競輪選手並

2018年1月14日

新人が体力測定、『ケムナ・ブラッド・誠』の下半身筋力は競輪選手並

広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵高=ら新人選手が14日、広島市内で体力測定。持久力や反射神経など5項目をチェックした。

中村奨は平均的に高い数値を記録し、総合でトップ。

「自分の体のことが改めて分かった。瞬発系は他の選手より低かったので、これから鍛えていきたい。次回測るときには、今日の結果を上回れるようにしたい」と言葉に力を込めた。

持久力で1位だったのは、ドラフト2位右腕の山口翔(18)=熊本工=。「高校ではずっと自転車通学だったので、その効果があったのかな」とはにかんだ。

ドラフト3位のケムナ・ブラッド・誠投手(22)=日本文理大=は、下半身の筋力測定でトップの数値を記録。競輪選手と同レベルと評されたが「カープの選手はもっと上だと思うので、少しでも近づけるように頑張りたい」と謙虚だった。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

新井が活躍し続ける要因とは…直球に振り負けない『体力』+『技術』

新井が活躍し続ける要因とは…直球に振り負けない『体力』+『技術』

広島・新井貴浩内野手(41)が、節目のプロ20年目の春季キャンプを終えた。仕上がりは昨年以上で、今年も勝負強い打撃に期待大だ。昨季は100試合に出場し、打率・292、9本塁打、48打点。新井が年を重ね …

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

開幕からここまで打率が.197、得点圏でも.000と、まだまだ昨年までの打棒が目覚めていない感のある広島・長野久義。最近では主に代打での出場が多くなってきているものの、開幕からここまでの戦いぶりの中で …

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜け …