カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下が開幕2連勝を目指す!ヤクルト・村上を警戒「乗せないように」

2021年4月6日

森下が開幕2連勝を目指す!ヤクルト・村上を警戒「乗せないように」

広島2年目の森下暢仁投手(23)が、先発予定の6日ヤクルト戦(神宮)で開幕2連勝を目指す。5日、神宮球場に隣接する室内練習場で行われた投手練習に参加し、試合に備えた。昨季ヤクルト戦は4試合に先発し、負けなしの3勝と好相性。中でも4番村上は昨季12度の対戦で1度もヒットを許していない。今季も“村上キラー”として、ヤクルト打線を圧倒する。

雨が降り、肌寒い風が吹く中、森下は決戦へ向け集中力を高めた。東都大学リーグの試合の応援が鳴り響く神宮球場に隣接する室内練習場で、キャッチボールやダッシュで調整。今季2戦目の先発へ準備を整えた。

「とにかく勝てるように、休み明けの1発目のカードで、しっかりとリズムを作れるように、そのような投球をしていきたい」

昨季ヤクルト戦は4試合に先発し、3勝0敗と好相性を誇る。しかし油断は一切ない。森下は「しっかり点も取っていますし、つながったら大量得点を取っている。そこをなくしていけるようにやっていきたい」と引き締めた。

4番村上はリーグトップの4本塁打と好調だ。しかし森下は昨季12度の対戦で計4三振を奪うなど、1度もヒットを許さなかった。4発については「すごいです」と驚きながらも「長打を打たれないように。そこでチームとしてもリズムに乗ると思うので、乗せないようにやっていきたい」と警戒心を強めた。

今季初先発した3月30日阪神戦では6回1安打無失点と好投し、1勝目を挙げた。しかし3四球を与えるなど課題も残していた。「キャッチボールからしっかりと相手の胸に投げることを意識しながら、1球1球丁寧に投げること意識してきた」と基本に立ち返り、修正に取り組んだ。

チームは現在2カード連続で勝ち越し、貯金「2」で3位につける。チーム防御率はリーグトップの2・14。投手陣が安定感をみせているだけに「先発も中継ぎも抑えもみんな、いい投球をしている。みんなに負けないような投球を自分もしていきたい。刺激をもらっているので頑張りたい」。明大時代から慣れ親しんだ球場で、チームを勝利に導く。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

ジョンソン、防御率1位維持も結果待ちに…声荒らげて「次の質問!」

ジョンソン、防御率1位維持も結果待ちに…声荒らげて「次の質問!」

広島のクリス・ジョンソン投手(34)が6回2/3を4失点で8敗目。防御率リーグ1位をキープしたが、2015年の最優秀防御率以来となるタイトル獲得は2位以下の投手が試合を残しており微妙な状況になった。 …

床田、規定投球回まで…後「15」一石五鳥?汚い大人?で、まず竜倒

床田、規定投球回まで…後「15」一石五鳥?汚い大人?で、まず竜倒

3位・広島の3年目左腕、床田寛樹投手(24)が9日、“一石五鳥”の規定投球回到達を誓った。 11日の中日戦(マツダ)での先発を控えて同球場で投球練習。8月30日のDeNA戦(同=7回2失点、勝敗つかず …

誠也、巨人好きで『なんでダメなの?』、丸を叩くファンを痛烈批判!

誠也、巨人好きで『なんでダメなの?』、丸を叩くファンを痛烈批判!

広島東洋カープの鈴木誠也選手が、自身のInstagramライブでカープファンを痛烈に批判し、物議を醸している。 問題の動画は、広島の同僚・坂倉将吾選手が運転する車の中で録られた。和やかなトークの中、一 …