カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下が開幕2連勝を目指す!ヤクルト・村上を警戒「乗せないように」

2021年4月6日

森下が開幕2連勝を目指す!ヤクルト・村上を警戒「乗せないように」

広島2年目の森下暢仁投手(23)が、先発予定の6日ヤクルト戦(神宮)で開幕2連勝を目指す。5日、神宮球場に隣接する室内練習場で行われた投手練習に参加し、試合に備えた。昨季ヤクルト戦は4試合に先発し、負けなしの3勝と好相性。中でも4番村上は昨季12度の対戦で1度もヒットを許していない。今季も“村上キラー”として、ヤクルト打線を圧倒する。

雨が降り、肌寒い風が吹く中、森下は決戦へ向け集中力を高めた。東都大学リーグの試合の応援が鳴り響く神宮球場に隣接する室内練習場で、キャッチボールやダッシュで調整。今季2戦目の先発へ準備を整えた。

「とにかく勝てるように、休み明けの1発目のカードで、しっかりとリズムを作れるように、そのような投球をしていきたい」

昨季ヤクルト戦は4試合に先発し、3勝0敗と好相性を誇る。しかし油断は一切ない。森下は「しっかり点も取っていますし、つながったら大量得点を取っている。そこをなくしていけるようにやっていきたい」と引き締めた。

4番村上はリーグトップの4本塁打と好調だ。しかし森下は昨季12度の対戦で計4三振を奪うなど、1度もヒットを許さなかった。4発については「すごいです」と驚きながらも「長打を打たれないように。そこでチームとしてもリズムに乗ると思うので、乗せないようにやっていきたい」と警戒心を強めた。

今季初先発した3月30日阪神戦では6回1安打無失点と好投し、1勝目を挙げた。しかし3四球を与えるなど課題も残していた。「キャッチボールからしっかりと相手の胸に投げることを意識しながら、1球1球丁寧に投げること意識してきた」と基本に立ち返り、修正に取り組んだ。

チームは現在2カード連続で勝ち越し、貯金「2」で3位につける。チーム防御率はリーグトップの2・14。投手陣が安定感をみせているだけに「先発も中継ぎも抑えもみんな、いい投球をしている。みんなに負けないような投球を自分もしていきたい。刺激をもらっているので頑張りたい」。明大時代から慣れ親しんだ球場で、チームを勝利に導く。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

ドラフト2位・宇草孔基がプロ初安打、1軍登録『即先発』で二塁打!

ドラフト2位・宇草孔基がプロ初安打、1軍登録『即先発』で二塁打!

広島ドラフト2位の宇草孔基外野手(23)がプロ初出場初スタメンで初安打を放った。 この日初めて出場選手登録され、1番左翼で即先発。青柳の前に1、2打席は凡退したが、5回2死からの3打席目に左中間二塁打 …

2軍調整中の中崎&今村が『1軍』昇格、『勝利の方程式』返り咲く!

2軍調整中の中崎&今村が『1軍』昇格、『勝利の方程式』返り咲く!

2軍調整中の広島・中崎翔太投手(27)と今村猛投手(29)は、9日の阪神との練習試合(マツダ)から1軍に合流することが8日、明らかになった。軒並み不安定な救援陣の再整備は、喫緊の課題。実績十分の2人が …

球団もピリピリ!丸佳浩の思いは「カープ残留」か「巨人移籍」か…?

球団もピリピリ!丸佳浩の思いは「カープ残留」か「巨人移籍」か…?

「球団は、かなりピリピリしていますね。丸の件に関して話すのはタブーになってます」 スポーツ紙デスクが声をひそめるのは、8月半ばに国内FA権を取得した広島カープの丸佳浩外野手(29)が来季、どう動くのか …