カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井、金本殿堂入りを祝福!アニキの教えがなければ、今の自分はない

2018年1月16日

新井、金本殿堂入りを祝福!アニキの教えがなければ、今の自分はない

【広島・新井 阪神・金本監督殿堂入りを祝福】

金本さんに初めて会ったのは19年前、ちょうど今ごろの季節でした。広島の合同自主トレ初日のことです。新人の一人として「新井貴浩です。よろしくお願いします」とあいさつすると、「おまえが新井か。やっちゃるけえのお~」と。この人には二度と近づくまい…と思いました。

それが、なぜか公私でかわいがっていただくようになりました。

いま振り返っても特別なきっかけは思い浮かびません。気づけば金本さんの背中を常に追いかけていました。金本さんからも食事など事あるごとに「来い」と誘っていただきました。

当時の広島は主力に故障者が多く、文字通り金本さんが孤軍奮闘されていました。そんな姿を見て、いつか自分もこうなりたい…と強く思いました。2年目の甲子園球場での阪神戦。チャンスで全然打てずに戻ったベンチでヘルメットを叩きつけるように置いたら凄く怒られました。

「周りがどう思うのか。一人で野球をやっているんじゃない。空気を悪くして士気を下げるようなことをするな」と。そんな風に常にチームのことを第一に考えていました。

金本さんが阪神へ移籍した後の2年間は大不振。2005年の開幕前です。バッティングが崩れ、もうどうしていいか分からなくなり、助けを求めました。「俺の言うことをずっと聞くなら教えてやる」と言われ、「すべて聞きます」と。それから毎日のように電話し、いろいろなことを教わりました。

遠征先のホテルの部屋では窓に自分の姿を映しながら携帯電話を片手にスイング。電話を通して「こうなっています」、「そうじゃない」。そんな繰り返しでした。既に他球団へ移った後なのに嫌なそぶりもみせず、夜遅くまで付き合ってくれました。

結果的に43本塁打で初めて本塁打王を獲得。2位が40本塁打の金本さんでした。「なんで俺が指導したやつにタイトルを取られるんや」と言われました。あの時の教えがなければ、いまの「新井貴浩」はありません。

広島へ復帰した後、「勝負強くなった」と言ってもらったことがありました。ずっと怒られて続けてきて、褒めてもらったのは初めて。うれしかったです。反骨精神にあふれ、男らしさにひかれました。自分にとっては兄のような存在です。本当におめでとうございます。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

野村謙二郎氏に激白「個人成績ではない…」/堂林インタビュー(上)

野村謙二郎氏に激白「個人成績ではない…」/堂林インタビュー(上)

広島の堂林翔太内野手(29)が元広島監督で本紙評論家の野村謙二郎氏(54)の直撃に答え、「強いカープの一員として優勝に貢献したい」と誓った。昨季は地道な努力が実って眠れる才能が開花し、自己最高の成績。 …

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 黄金時代の最後に台頭した緒方 山本浩二 …

首脳陣の『無策』が際立つ…エース・大瀬良が2回33球で緊急降板!

首脳陣の『無策』が際立つ…エース・大瀬良が2回33球で緊急降板!

16本もの安打を打っても勝てなかった。 広島が24日のDeNA戦でサヨナラ負け。打線の奮起で試合を優位に進めながら、6番手の一岡が1死満塁から満塁本塁打を食らった。 2点リードの九回に登板し、3四死球 …