カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープの意外な序盤戦善戦、健闘の裏に『伝統的』なチーム体質!

2021年4月12日

広島カープの意外な序盤戦善戦、健闘の裏に『伝統的』なチーム体質!

巨人3タテには失敗したものの、前評判の高くなかった赤ヘル軍団が健闘している。危機に強い伝統的なチーム体質が、改めてクローズアップされる。

開幕を前にして地元紙の報道で発覚した衝撃的な事実。「20年決算広島カープ46年ぶり赤字転落。コロナで観客激減。前年比83億4489万円減」etc。

首脳陣、選手が「ウチの球団は大丈夫か」と大騒ぎになってもおかしくないところだ。が、広島カープではそんなドタバタ劇は起こらなかった。

松田元オーナーも泰然自若。「(入場制限で)入場券が売れなかったが、熱心なファンに支えてもらった。今年はいろんな工夫をして黒字を出したい」

もともとが広島市民のカンパなどもあって、市民球団として発足した広島カープ。12球団一の熱心な地元ファンに支えられ、弱小球団から赤ヘル軍団と呼ばれるようなった経緯がある。

巨人・長嶋終身名誉監督が監督時代に思わず口にした言葉が、今でも忘れられない。「カープの選手の爪の垢を煎じて、ウチの選手に飲ませたいくらいだよ」。長嶋語録の一つだ。

広島対巨人戦試合前の広島市民球場三塁側ベンチでこうしみじみと語ったこともあった。この日は強い雨が降り続く悪天候で、グラウンドにはすでにあちこちで水たまりができていた。

そんな中、広島カープの選手たちは黙々と熱心に練習している。その姿を長嶋監督は見つめていた。

「広島の選手たちは巨人戦を簡単に中止にするワケにいかないとよく知っているからだよ。巨人戦1試合のテレビ放映権料は1億円を超える。中止にしたら、優勝が決まった後の消化試合に回る可能性がある。そうなったら球団側は大損をする。だから豪雨の中でも試合強行に備えて、ケガをしないように熱心に練習するんだよ。それに引き換え、ウチの選手たちはすでに中止が決まったかのような練習態度だろう。“少しはカープの選手を見習えよ”と言いたくなる」

赤ヘル軍団にはファンのための市民球団の意識が浸透している。46年ぶりの赤字転落劇という非常事態にも動じることはない。それどころか、逆に今季の発奮剤にしているのだろう。

球団の台所を直撃したコロナ禍を一掃するためにも、3年ぶりのリーグ優勝に向けて広島は結束することができている。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

鈴木誠也が独占激白!『丸抜き4番』の重圧と兄貴分への思い

鈴木誠也が独占激白!『丸抜き4番』の重圧と兄貴分への思い

【’19キャンプ 直撃辛口インタビュー】 セ・リーグ4連覇を目指す広島の4番・鈴木誠也(24)が11日、宮崎・日南キャンプで「今季1号」を放った。昨年11月に右足首を固定していたボルトを抜 …

カープ、ついに5位転落…菊池涼介はチームの現状をどう見ているのか?

カープ、ついに5位転落…菊池涼介はチームの現状をどう見ているのか?

前日にようやく連敗を11で止めた広島だが、16日は逆転負け。5位に転落した。リーグ3連覇の王者ながら、今季は乱高下の激しい流れに苦戦。前半戦は5月に11連勝するも、6~7月にかけては11連敗を喫した。 …

2017年と比較すれば非常事態…最大の鬼門は「魔の7回」だった?

2017年と比較すれば非常事態…最大の鬼門は「魔の7回」だった?

2位に5.5ゲーム差で首位を走る広島だが、打線はともかく投手陣に前年までの安定感はない。 6月25日現在、チーム防御率でも前年の3.39に対し、今季はリーグ4位の4.21(前年は3位)。先発、リリーフ …