カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、エースとして取り入れた黒田氏と同じ姿とは?2015年の涙

2021年4月15日

大瀬良、エースとして取り入れた黒田氏と同じ姿とは?2015年の涙

プロ野球選手は1球、1打、1プレーで人生が変わることもある。

3月26日に開幕したプロ野球は、同一リーグ球団との戦いが一巡した。プロ2年目の広島森下暢仁は今季初登板から白星スタートとなった。3月30日阪神戦、スコアレスのまま代打が送られた6回裏に先制点を挙げ、それが決勝点になった。次の登板では完封勝利と、1勝がもたらす好影響を改めて感じさせた。

あの日、一塁ベンチで身を乗り出して喜ぶ森下の笑顔を見ながら、対照的な2年目のスタートとなった大瀬良大地の15年シーズンが思い出された。

1年目に新人王を獲得し、2年目は開幕2カード目の初戦”火曜日の男”を任された。ただ、1つの勝利を得るのに苦労した。

シーズン初登板は3回降板も、2度目の登板は9回途中まで1失点の好投。初勝利は5試合目。完投しながら援護なく敗戦投手となったり、援護があっても中継ぎ陣が逆転を許したりと、開幕から登板9試合でわずか1勝にとどまった。

中継ぎに配置転換、CSでは涙を流した

シーズン途中からはチーム事情もあり、中継ぎに配置転換された。手薄なリリーフ事情から、中崎翔太につなぐセットアッパーという枠にとどまらず、2イニングを任され中継ぎとしての登板は42試合を数えた。勝てばクライマックスシリーズ出場となるシーズン最終戦では敗戦投手となり、試合後は人目をはばからずベンチで涙を流した。

獅子奮迅の働きが代償となったように翌16年2月に右肘内側側副靱帯の部分損傷。今ではエースと呼ばれるまでにはい上がってきたものの、2年目のあのシーズンの始まりが違っていれば、また違う道のりだったのではないのか――。

そんな記者の仮定の話を当の本人は優しい笑顔で否定する。

右肘手術も「後々良かった」と思えるように

「今、あらためて思うことはないですよ。そうやって2年目のシーズンが話題に挙がった流れで思うことはあっても、やっている本人は、そのときの現実がすべてですからね。中継ぎを経験したことによって、いろいろな思いができたし、いろんなことを考えるようになったと思います」

中学時代に初めて右肘にメスを入れたが、それでも左投げで一塁手として試合に出続けた。プロ入り後も挫折や失敗は一度や二度ではない。長いシーズン、順風満帆にいくことなどない。何もしなければ苦い記憶のままでも、自らの言動で消化することはできる。挫折からはい上がるだけでなく、挫折をへて、いつも強くなって帰ってきた。

「あのケガがあったから後々良かったとか、あのとき頑張れたから自信になったとか。そう思えるように。マイナスで終わらせたくない」

昨年の右肘手術からも、見事に復活した。V字回復というよりも“チェックマーク”のように、さらに上昇する進化を遂げた。

森下の体の使い方にヒントを得て

また手術を機に、30歳となるシーズンを前に投球スタイルの転換を図った。

これまでは体重を増やして球に重みを伝えるアプローチで取り組んできたが、そのスタイルでは身体に負担がかかる。この先の野球人生を考えた方向転換でもあった。細身ながら150キロ超の直球を投げ込む森下の体の使い方にヒントを得た。トレーナーらに相談し、「チャレンジ」と言うほど根本から変える決断をした。

昨年9月、手術を見据えた2度目の出場登録抹消から肉体改造に取り組んだ。リハビリ組のランニングメニューが終われば、二軍選手のランニングメニューにも参加。食事制限も徹底。ストイックなまでの姿勢で1月までに体重を約5キロ落とし、筋肉量を上げた。

数年前から周囲からエースと呼ばれるようになり、意識も変わった。今年は特に表情から感情の揺れがうかがえない。ピンチを招いても、ピンチを切り抜けても、相手を抑え込んでも、マウンドでは威風堂々としている。

「(マウンドで感情を出さない)それがいいことか悪いことかは分からない」としながらも、チームの先頭に立つ者として変化を求めた。

17年に阪神・藤浪晋太郎からの死球に笑顔で返した行動を緒方孝市前監督から指摘されたことがあった。

「見よう見まね」で得た黒田と同じ動きとは

理想のエース像の一人とする先輩、黒田博樹氏の映像を見て参考にした。

「最初は見よう見まねだったんです。常にどんなときでも同じメンタルでいられれば。そういう姿は相手も不気味かなと思う」

3アウト後すぐにグラブを右手に持ち替える動きは、かつてのエースと重なる。

「まぁいいかな、で終わってはもったいない」

自分の弱さと向き合うことは簡単なことではないし、弱音も愚痴もこぼしたくなる。人はそこまで強くない。

ただ、大瀬良は力強く、言う。

「まぁいいかなと、思ってしまいそうになることもあるけど、なんかそれで終わってしまうのはもったいない。転んでも、ただでは起きない。そういう経験も良かったと思える。そういう姿を見せたい」

8年目の今年、シーズン初登板で好投しながらも白星は得られなかったが、2戦目からは連勝した。どう過ごそうとも、今はすぐに過去となる。今を変えるのが自分自身とするならば、人は未来だけでなく、過去も変えられるのかもしれない。

(※引用元 Number Web

関連記事

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

日本ハム、ロッテの指名を拒否してまで入団した巨人で、首位打者、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞でそれぞれ3度選出されるなど、生え抜きのスター選手として活躍した長野久義。だが …

災害ボランティアで気づいた『人と人を繋ぐ球団』がある喜び/被災地

災害ボランティアで気づいた『人と人を繋ぐ球団』がある喜び/被災地

突然ですが、自分は災害ボランティアをしています。きっかけは、2014年8月20日に発生した広島土砂災害(※正式名称=平成26年8月豪雨)。じつを言うと、被災地の中で最も大きな被害をもたらした広島市安佐 …

他球団も驚いた!『カープの秘密兵器』ドミニカ出身の育成右腕とは?

他球団も驚いた!『カープの秘密兵器』ドミニカ出身の育成右腕とは?

2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。 毎年、この時期の注目ポイントは、各球団の新戦力。昨年5位からの浮上を狙う広島は、6人の新顔が一軍キャンプに名を連ねた。 新人ではドラフト1位の栗林良吏(ト …