カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村奨成、ついにプロ初安打「やっとプロとしての一歩が踏み出せた」

2021年4月16日

中村奨成、ついにプロ初安打「やっとプロとしての一歩が踏み出せた」

広島の中村奨成捕手(21)がプロ初ヒットを放った。

1点リードの5回先頭。鈴木博投手(24)の高めに浮いた146キロの直球を捉え、左翼線を破る二塁打とした。高卒4年目にしてようやくHランプをともし「やっとプロとしての一歩が踏み出せたかなと思います」と喜びをかみしめた。

地元の広島・広陵高出身。2017年夏の甲子園で6本塁打の大会新記録を樹立し、同年ドラフトでは中日との2球団競合で広島入り。くじを外した中日が外れ1位で指名したのが鈴木だったというのも何かの縁か。

記念球はこれまで支えてくれた家族に渡す予定。「常に『前を向いてやっていこう』と言ってもらえていた。ここまで野球をやらせてもらえたのは家族のおかげ」と感謝。

さらに「しっかりと感謝を伝えて、これからも活躍したところを見せられるように頑張りたい」と気を引き締め直した。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

ドラフト1位・2位で大学生の即戦力候補を獲得 昨シーズンの広島は、球団史上初となる4連覇を目指したものの優勝を逃し4位に沈んだ。その責任を取る形で緒方孝市監督が辞任し、佐々岡真司監督があらたに就任して …

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した1 …

10年連続GG賞の菊池「山本浩二さんに並び、とても嬉しく光栄に」

10年連続GG賞の菊池「山本浩二さんに並び、とても嬉しく光栄に」

守備のベストナインを表彰する三井ゴールデングラブ賞が14日に発表され、広島の菊池涼介内野手(32)が二塁手で歴代最多を更新する10度目の受賞となった。 2013年の初受賞から10年連続となり、球団OB …