カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープの3投手「2段モーション」は歓迎!「申告敬遠」には賛否あり

2018年1月19日

カープの3投手「2段モーション」は歓迎!「申告敬遠」には賛否あり

1月11日に行われたプロ、アマ合同の日本野球規則委員会で、公認野球規則(ルールブック)が改定された。

投球動作の「2段モーション」を反則投球とする日本独自の項目が削除され、また、投球せずに敬遠四球にすることができる「申告敬遠制」がルールブックに記載された。これらの変更は投手にとってメリットとなるのか。

12日にマツダスタジアムへ練習に訪れていた広島の3投手に率直な感想を聞いた。

まずは2006年に反則投球とされた「2段モーション」が突然OKになったことについて。大瀬良大地投手は「(反則投球を)気にしなくていいのはいいと思う。自分の投げやすいリズム、バランスで投げられる」と自身の経験から語った。

昨季途中に投球フォームをマイナーチェンジ。左足を上げた際に「一瞬止まっているかな」という不安があったという。すぐさま2段モーションに変えることはないが、「そっちの方が投げやすいとなれば、そうなるかもしれないです」と否定はしなかった。

昨季15勝を挙げ最高勝率に輝いた薮田和樹投手は「昔はそうでした」と、かつて2段モーションだったことを明かした。その後、投球フォームを変更し、「ダメになる前に変えたので、もう気にならない」と言う。

守護神の中崎翔太投手は「自分は(2段モーションで)投げられない」としながらも、投手にとって投球フォームは「バッターを打ち取るための技術、武器」と表現した。

中崎は「何でもアメリカと同じにしていいのかな」と首をかしげ

昨季、西武・菊池雄星投手が反則投球を繰り返し宣告されたことを挙げ、「今までの規定が曖昧だった。特定の選手が言われないなら、ピッチャーにはプラスになる」とした。

「申告敬遠制」については3投手とも歓迎モードだった。大瀬良が「僕は気にならないけど緩い球を投げるのが苦手な人もいる」と言えば、薮田も「球数と時間の短縮になる」とメリットを挙げた。

ただ、投手という立場を離れると一概に賛成とは言えないようだ。

中崎は「何でもアメリカと同じにしていいのかな」と首をかしげ、「野球は投手が球を投げて始まるスポーツ。暴投や敬遠の球を打ったシーンもあったし、野球じゃなくなる」とと憂いた。

大瀬良もそうした敬遠を巡るドラマも「野球の醍醐味だった」と指摘した。

「申告敬遠制」がルールブックに記載されることで、従来通り4球投げる敬遠や、事前に申告し、1球も投げない敬遠、さらに例えばカウントが2ボールになった後に申告し、残り2球を投げずに歩かせることも可能になる。

中崎は「チームの方針として、(どの敬遠を選ぶか)決まると思います」と話した。(デイリースポーツ・杉原史恭)

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

鈴木誠也、大谷の赤いユニホームに「似合っていないですね」とニヤリ

鈴木誠也、大谷の赤いユニホームに「似合っていないですね」とニヤリ

エンゼルス入りが決まった大谷と同学年の広島鈴木はマツダスタジアムに隣接する屋内練習場で汗を流し「赤いユニホームは似合っていないですね」とニヤリ。 「最初から大きな目標を立てて取り組んできたからこそ(今 …

新井「厳しい中にあるあの優しい笑顔が忘れられない」/星野さん悼む

新井「厳しい中にあるあの優しい笑顔が忘れられない」/星野さん悼む

広島新井貴浩内野手(40)は6日、楽天・星野仙一副会長の突然の訃報に「いろいろお世話になったので、すごく残念ですし、ビックリしています」と沈痛な表情を浮かべた。 自主トレのためマツダスタジアムに訪れた …

同学年の鈴木誠也、エンゼルス『大谷』の活躍に感嘆「雲の上の存在」

同学年の鈴木誠也、エンゼルス『大谷』の活躍に感嘆「雲の上の存在」

◇ア・リーグ エンゼルス7―4アスレチックス(2018年4月1日 オークランド) 広島・鈴木は同じ23歳のエンゼルス・大谷の活躍に「むちゃくちゃ凄い。刺激をもらうというより、雲の上の存在。やっていると …