カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

高卒2年目・玉村昇悟、プロ1勝へ追試!9日中日戦に先発でアピール

2021年5月7日

高卒2年目・玉村昇悟、プロ1勝へ追試!9日中日戦に先発でアピール

プロ初勝利に挑む。広島玉村昇悟投手(20)が6日、本拠地マツダスタジアムで9日中日戦(バンテリンドーム)先発に向けた調整を行った。4月29日DeNA戦でのプロ初登板初先発は、2本のアーチを浴びるなど5回5失点で、プロ初黒星を喫した。首脳陣から与えられた「追試」ともいえる次回登板では、白星をつかみ、先発生き残りをアピールしたい。

先輩投手に囲まれ、20歳玉村も次回登板に向けて調整を行った。5回5失点(自責4)のプロ初登板から再びもらった登板機会に、目の色を変える。「(前回は)真っすぐとスライダーしか使えていなかった。カーブやチェンジアップをうまく使っていけたらいい。しっかりと打者と勝負していきたいと思う」。9日、バンテリンドームでの中日戦にプロ2度目の先発マウンドに上がる。

プロ初登板では結果以上の好印象を残した。球の出所が見えづらい独特なフォームから繰り出される球はスピードガン表示以上の速さとキレを感じさせた。横山投手コーチは「外国人2人に1発は打たれましたけど、あんな打者はファームにいないので。ああいう打者をいかに抑えていくかが、今後の課題。広いナゴヤドームならいい投球を期待できるんじゃないか」とプロの洗礼を受けた後の登板で示す変化を求める。

他球団の同学年投手はヤクルト奥川がオリックス宮城に続き、プロ初勝利を手にした。

奥川とは高校が隣県同士だったこともあり、何度も対戦し、変化球談議も交わした仲。親交があるだけに「追い抜きたいです」と強く意識する。近年、広島では高卒2年目のブレーク投手が目立つ。18年は高橋昂が開幕ローテ入りしてプロ初勝利。同年アドゥワは中継ぎで53試合に登板した。19年には遠藤が同じく中継ぎとしてプロ初勝利と若手投手が早期に結果を残す流れがある。

チームは引き分けを挟み6連敗中。13勝18敗3分けと黒星が先行する。重苦しい停滞感を打ち破るには、若いフレッシュな力も欠かせない。「ドンドン押していくのが自分のスタイル。緩急を付けながらやっていきたい」。若き左腕が同世代としのぎを削り、先人たちが歩んだ高卒2年目初星ロードを目指していく。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

刈り上げ効果?羽月プロ1号「思ってもなかった」記念球は「母親に」

刈り上げ効果?羽月プロ1号「思ってもなかった」記念球は「母親に」

広島3年目の羽月隆太郎内野手(21)が、プロ1号を含む2安打2打点で勝利に貢献した。「2番中堅」で先発。1点を追う4回先頭で福谷の内角直球をコンパクトに振り抜いた。右翼フェンスをギリギリで越えた同点弾 …

2軍で育つドラ1中村奨成の現在地「まだプロのレベルに達してない」

2軍で育つドラ1中村奨成の現在地「まだプロのレベルに達してない」

打者として最初に向き合った木製バットへの適応「一番戸惑った」 強打の高卒捕手、近年では例を見ないほど注目された金の卵。まだ表舞台で見ることないその実力は、着々と磨かれている。広島・中村奨成、打者として …

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

シュートを投げる。投手ではない。野手の話である。広島の捕手と内野手の中で、それぞれトップクラスの送球の安定感を誇る2人。ドラフト5位・石原貴規捕手(22、天理大)と三好匠内野手(26)は、送球を“変化 …