カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、来週にも1軍へ!2軍で5回3失点、右脚の状態「不安なし」

2021年5月12日

大瀬良、来週にも1軍へ!2軍で5回3失点、右脚の状態「不安なし」

右ふくらはぎ痛で離脱中の広島・大瀬良大地投手(29)が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で実戦復帰した。先発で5回75球を投げて6安打3失点ながら、最重視した右脚については「いろんな動きを100%でできた。不安なく終えられた」ときっぱり。早ければ巨人、阪神戦が組まれる来週にも1軍での復帰登板が見込まれる。

右ふくらはぎ痛による失意の出場選手登録抹消から25日目。予想を超えるスピードで大瀬良が実戦マウンドに帰ってきた。ウエスタン・リーグの中日戦に先発し、5回を6安打3失点。登板後は明るい表情をのぞかせた。

「僕の中では脚の確認さえできれば問題ないと思っていた。試合の中でいろんな動きを100%でできた。不安なく終えられたし、良かったと思います」

確かに、故障の影響を全く感じさせなかった。痛めたのは軸となる右脚。投球時の踏ん張りはもちろん、ベースカバーやバント処理などの突発的な動きに支障はなく、3回無死一塁で自ら犠打をマークした際の走り出しもスムーズだった。

中村奨との初バッテリー。配球面は原則任せて、最速147キロの直球やカットボールを軸に3回までは3人ずつで料理した。ただ4回に単打4本で2点を失うと、5回には郡司に内角高めシュートを左翼ポール際へ運ばれた。右腕は苦笑する。

「結果も頼む…と言われていたら、首を振って違う配球でいったかも。そこ(失点)は気にしていません」

奇禍は4月15日、阪神戦(甲子園)前の練習で起きた。ダッシュ中に右脚を痛め、予定された翌16日の中日戦先発を回避。広島市内の病院で「右腓腹(ひふく)筋挫傷」と診断された同日に出場選手登録を外れ、治療とリハビリに励んできた。

「思ったよりも早く復帰できた。(故障)箇所が箇所。本当にトレーナーさんたちや周りの人のおかげです」

東京遠征出発前、マツダスタジアムで取材に応じた佐々岡監督は「明日、報告を聞いてから」と言葉を選んだ。ただ右脚の不安は解消されており、早ければ巨人、阪神と5試合が組まれる17日からの週にも復帰登板が見込まれる。

「すごく責任を感じる。何とか早く戻り、しっかり働いて空気を変え、返していきたい気持ちが強いです」

投手キャプテンが戦列に戻れば少なからず空気は変わる。望外の早期復帰を巻き返しへの契機としたい。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

會澤、ヤクルト戦へ『リベンジ』に意欲!投手陣復調で「今回は有利」

會澤、ヤクルト戦へ『リベンジ』に意欲!投手陣復調で「今回は有利」

貯金1として同率3位に浮上した広島は、14日から2位のヤクルトと2連戦(マツダ)。本拠地では前回3連敗、今季通算1勝5敗と苦戦する相手だけに、選手会長の会沢翼捕手(31)はリベンジに強い意欲を燃やす。 …

森浦が5試合目の登板で悔しい初失点、初黒星に「簡単にいきすぎた」

森浦が5試合目の登板で悔しい初失点、初黒星…「簡単にいきすぎた」

ルーキーにはつらい初失点となった。同点の7回に登板した広島のドラフト2位・森浦が5試合目の登板で初めて崩れ2/3回を1失点でプロ初黒星を喫した。 「先頭をしっかりと抑えないといけない。簡単にいきすぎた …

高ヘッドコーチ、磯村と坂倉に『三塁』挑戦計画!持ち味の打撃生かす

高ヘッドコーチ、磯村と坂倉に『三塁』挑戦計画!持ち味の打撃生かす

新監督は決まっていないけど…。4位に終わった広島に、磯村嘉孝捕手(26)坂倉将吾捕手(21)の三塁挑戦計画があることが3日、分かった。高信二ヘッドコーチ(52)が明かした。球団は国内FA権を取得した会 …