カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁、7回無失点も援護なく4勝目お預け…防御率リーグ2位浮上

2021年5月12日

森下暢仁、7回無失点も援護なく4勝目お預け…防御率リーグ2位浮上

公式戦(5月12日、カープ0-0ヤクルト、神宮球場)

広島森下暢仁投手(23)が、7回3安打無失点、今季最多127球と熱投した。ヤクルトに自己最多の6四球を与えるなど制球を乱して毎回走者を許しながらも、崩れることはなかった。打線の援護がなく4勝目はお預け。試合は引き分けに終わったが、森下自身は神宮では4試合で2勝0敗と不敗神話は継続した。

打線に流れを呼び込むべく、森下は最後まで懸命に腕を振り続けた。最速152キロを記録した伸びのある直球は、最後まで球威が落ちることはなかった。127球の熱投で、7回無失点。先発として十分な役割を果たしたものの、勝ち星は巡って来なかった。

立ち上がりから苦しんだ。初回先頭の山崎に四球を許し、2死から村上にも四球。何とか無失点に抑えたものの「テンポも悪く入ってしまって、点を取られていないのに、苦しい投球をしているような感じがあった」と振り返った。2回以降もボール先行が続き、安打こそ3本にとどめたが、自己最多となる6四球。毎回走者を背負い、「とにかく点を取られないということだけを意識していました」と我慢を続けた。

最大のピンチは7回。1死から四球、安打で得点圏に走者を進められた。球数はすでに100球を超え抜け球が目立ち始めた中、山崎を150キロ超の直球で押し込み右飛に。2死二、三塁から中村は内角への150キロ直球で二飛に封じた。最後まで本塁を守り抜いた右腕は「点を取られたら流れもあっちに行ってしまう状況だったので。何とか抑える事ができて良かった」と胸をなで下ろした。

佐々岡監督は「制球に苦しんでいたけどね。それでも粘り強くゼロで抑えてくれた」と評価。打線が20イニング連続無得点で無援護に終わっただけに「こういう状態なので、1点もやれないという思いからコントロールを狂わせたのかな。でも辛抱強く投げてくれた」と目を細めた。

「ゼロでいけたのは良かったんですけど、次は初回から相手がテンポ悪くなってくれるよう、自分がリズムつくれるようにやっていきたい」

ここまで7試合で3勝3敗ながら、防御率は1・84で、明大の3学年先輩にあたる中日柳に次ぐリーグ2位に浮上した。神宮では4試合目で2勝負けなしと不敗神話は継続。今季4勝目は次戦に持ち越しとなったが、堂々の熱投だった。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

公式戦(9月30日、カープ4-5巨人、東京ドーム) 広島は1点リードの9回に守護神中崎が逆転を許して、サヨナラ負け。先発して7回3失点だった大瀬良の16勝目は消え、中崎が今季初黒星を喫した。11連戦を …

鈴木誠也はプロ野球記録タイの7戦連発ならず…申告敬遠を含む2四球

鈴木誠也はプロ野球記録タイの7戦連発ならず…申告敬遠を含む2四球

公式戦(9月10日、カープ1-4阪神、マツダスタジアム) 広島・鈴木誠也外野手(27)が申告敬遠を含む2四球、2打数無安打に終わり、プロ野球タイ記録の7試合連続本塁打はならなかった。 一回1死一、三塁 …

巨人『鬼門』マツダで634日ぶり3連戦勝ち越し!丸が移籍後初安打

巨人『鬼門』マツダで634日ぶり3連戦勝ち越し!丸が移籍後初安打

公式戦(3月31日、カープ3-6巨人、マツダスタジアム) 巨人が6―3で広島に競り勝ち、2017年7月5日以来634日ぶりとなる“鬼門”マツダでの3連戦勝ち越しを決めた。 巨人は3―3と追いつかれた直 …