カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林が『新人無失点記録』を達成!心臓に毛が生えた男とは…彼のこと

2021年5月19日

栗林が『新人無失点記録』を達成!心臓に毛が生えた男とは…彼のこと

“心臓に毛の生えた男”というのはまさに広島の栗林(栗林良吏)のことを言うのではないかと思いますね。5月4日の巨人戦(マツダ広島)で、新人デビュー初登板から14試合連続無失点の新人新記録を作りました。まさにあっぱれです。

栗林もすごいですが、彼をクローザーに指名した佐々岡(佐々岡真司)監督もさらにすごいと思います。助っ人の活躍よりも予想しづらく未知数なのが新人。即戦力と言われても、なかなか起用するほうも難しいのです。しかも試合の最後をまとめるポジションにそういう選手を送り出すというのは……。私にはなかなか決断しにくい部分ですね。

佐々岡監督に電話取材をしたときに「戦力的に厳しいよな」という話を振ったんです。そのときには「若い選手をたくさん起用するので楽しみです」ということを言っていました。

大したものだなあ、と感心しましたが、実際にクローザーに栗林を起用し、セットアッパー、中継ぎに大道(大道温貴)、森浦(森浦大輔)という若手を大抜てき。捕手もまだ早いかなと思う石原(石原貴規)や坂倉(坂倉将吾)を起用しています。開幕から勝ちにこだわるなら、會澤(會澤翼)を固定すべきですし、そうするはず。それをしないということは、何も恐れることなくチームを変革していく気持ちが強いのだと思います。

さて話は栗林に戻りますが、彼の一番イイモノは、やはり度胸です。投げっぷりがいい。8回までの流れをすべて壊すかもしれないクローザーという場所で登板するということは、並大抵のメンタルの強さでは務まりません。それを平気でやっている。多分、自分のことをよく分析していて、ストレスがかからない方法などを持っているのかもしれません。普通の新人ならとっくにつぶれているでしょうね。

二番目にイイモノは、どの球種もストライクゾーンに投げ込めるところです。真っすぐは最速で149キロくらいですごく速いほうではないですよね。それでも記録を作った時点で13・50の奪三振率に被安打が14試合でたったの3のみ。フォークもカットボールも素晴らしいキレがありますが、それ以上に全球種をストライクゾーンに投げるため、どうしても打者は手が出てしまうんです。

だからこそ、今回の記録更新は必然だったのです。シーズン中、打たれることが必ず出てきます。そこでどれだけ早く自分で立ち直れるか、そこをクリアすればとんでもないクローザーに変貌を遂げる可能性がすごく高いです。今後がすごく楽しみですね。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

菊池涼介、圧巻の超絶横っ飛びにファン喝采!「この守備はやば過ぎ」

菊池涼介、圧巻の超絶横っ飛びにファン喝采!「この守備はやば過ぎ」

「この守備はやば過ぎた」と喝采のコメントが 13日に甲子園で行われた阪神戦で、広島・菊池涼介内野手が超絶スーパープレーを見せた。一、二塁間を破ろうかという痛烈な打球に反応してダイビングキャッチし、敵地 …

松田オーナー、猛ゲキ!小窪に「三塁空いている、レギュラーとれよ」

松田オーナー、猛ゲキ!小窪に「三塁空いている、レギュラーとれよ」

広島・松田元オーナー(67)が4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎え、小窪哲也(33)、堂林翔太両内野手(27)、岩本貴裕外野手(32)に奮起を促した。 昨季限りで現役引退した新井貴浩氏(41)や …

手術から復帰を目指す西川が打撃練習再開「確実に行く」開幕へ気合い

手術から復帰を目指す西川が打撃練習再開「確実に行く」開幕へ気合い

右足首の手術から復帰を目指す広島西川龍馬内野手(26)が打撃練習を再開した。今月11日に軽いランニングを再開し、12日にはティー打撃を再開した。昨年11月に受けた「右腓骨(ひこつ)筋腱腱鞘形成術」から …