カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

2018年1月23日

カープは、一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力

球春到来――。

2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じる。

特に新戦力や若手の話題が豊富で希望に溢れたこの時期は、12球団すべてのファンが優勝というゴールを夢見ることができる特別な時間。野球で心躍らされる球春の到来である。

1月19日に、昨年セ・リーグを連覇した広島の春季キャンプ一軍、二軍の振り分けが発表された。

昨年右足首を手術した鈴木誠也は一部別メニューながら一軍スタートとなり、注目されたドラフト1位の中村奨成(広陵)は二軍スタートとなった。

スカウティングと育成力がガッチリ噛み合っている広島

広島の一軍キャンプ帯同選手の中で、新戦力は新外国人のレオネル・カンポス1人。

セ・リーグの5球団が打倒広島に向けて補強を進めても、広島は今年も静かなオフとなった。

昨秋ドラフトでも、素材重視の指名。2人の大学生投手も素材型だったこともあり、近年では珍しい新人ゼロスタートとなったわけだ。

今オフの補強戦略、そして今春の一、二軍振り分けから、近年広島が力をつけている理由が見えるような気がする。

それはスカウティング力と育成力がしっかりと連携し、かみ合っているところにある。

特に分離ドラフト制度が撤廃された’08年以降のドラフトから、その力が遺憾なく発揮されている。

広島は昔から高校生をドラフト指名し、育ててきた

一般的にドラフトでは即戦力は大学生や社会人から、素材型は高校生から獲得するという考えがある。目先のチーム力を上げるためには当然、即戦力と期待できる大学生や社会人を多く獲得した方が計算は立つ。

広島は’08年以降、昨年のドラフトまでの10年間で本ドラフトで指名した大学生は31選手。そして高校生は27人と、ほぼ大学生と同数にまで上る。15年連続Bクラスが続いた’12年までのドラフトでも方針はぶれなかった。

そして昨秋ドラフトも、高校生4人と素材型の大学生投手2人の計6人を本ドラフトで指名した。手薄なポジションと不安視されている左腕投手は、1人も指名しなかった。

高卒4年目までに、確実に戦力になっている選手たち

広島はスタイルを貫くことができる確かな実績がある。

高卒新人を大学卒業までの4年の間に、確かな戦力となるように育成している。以下の高卒選手の4年目成績を見れば、一目瞭然だろう。

’12年 中田廉 27試合 1勝3ホールド 防御率3.89
’13年 今村猛 57試合 2勝5敗3セーブ 防御率3.31
’14年 中崎翔太 32試合 2勝3敗1セーブ 防御率3.92
’15年 戸田隆矢 34試合 3勝3敗5ホールド 防御率3.63
’16年 鈴木誠也 129試合 打率.335 29本塁打 95打点 16盗塁
’17年 中村祐太 15試合 5勝4敗 防御率3.74

上記の中で今村猛は、2年目の’11年にすでに54試合に登板しており、3年目は69試合で防御率1.89。同学年の大学生がドラフト指名を受ける’13年春にはWBC日本代表に選出されている。

’16年の鈴木も記憶に新しく、「神ってる」と注目を集め、翌年春のWBCで日本代表として世界の舞台に立った。

一発屋で終わらず、ちゃんと一軍に定着していく若手達

広島は新たな「即戦力」を求めるばかりではなく、自分たちで「新戦力」をじっくり育てることができるのだ。

一覧で記した選手たちの特長は、この翌年以降に自己ベストの成績を残している選手が多いことだ。

一発屋では終わらず、しっかりと一軍の戦力に定着していることも、広島の強さにつながっていると言えるだろう。

そういった過去の歴史から、今年飛躍が期待される4年目の選手は誰かを推測してみると――。

投手には塹江敦哉、藤井皓哉とすでに一軍を経験している2人がおり、野手では桑原樹がいるのが分かる。

広島唯一の問題点、左腕投手をどうするか?

塹江は広島が抱える問題の1つである、左腕。

150キロ以上の真っすぐを武器とし、2年目の’16年にはプロ初登板も、プロ初先発も経験している。昨季はスタートにつまずき、持ち味も出せず。一軍昇格なしに終わったものの、秋季キャンプでは思い切りの良さを取り戻し、首脳陣の評価を上げた。

2年続けて守護神の中崎とともに合同自主トレを行い、開幕一軍を目指している。

塹江よりも1年遅くはなったが、藤井皓は昨季一軍マウンドに上がった。

2試合の登板も、しっかり腕を振った投球で無失点に抑えた。先発と中継ぎ両方の適性を見ながら調整することが多い若手投手の中で、早くも中継ぎ1本で期待されている。塹江同様、持ち味である真っすぐを最大限に生かせるかどうかが一軍生き残りの鍵となりそうだ。

2人に出遅れる形の桑原だが、投手と野手とでは状況が違う。

一軍の二遊間は不動であり、三塁にも安部友裕、西川龍馬という実力者が競う。彼らに割って入るためには、打か守か走か、まずは一芸を磨く必要があるだろう。

高橋昂也、坂倉将吾、アドゥワ誠、高橋樹也…

彼らだけではない。

近年は今村や鈴木のように、4年待たず一軍の戦力となる若手も多い。

「投手、野手にしても入団2、3年目の楽しみな選手がいる。最近は高校からの入団でも基礎体力が高いところから入ってくる。出てくるのも早い」と、緒方孝市監督も若手の勢いを感じているのだ。

昨季初の日本一となったファーム日本選手権で活躍した高橋昂也と坂倉将吾の高卒2年目バッテリー、着実な成長を見せる同期のアドゥワ誠、昨季10試合に登板した3年目の高橋樹也が、早熟の可能性がある選手候補である。彼らはみな、開幕一軍を争う宮崎県日南市での一次キャンプに参加する。

今年はどんな若手が出てくるのだろうか――球春が待ちきれない。(「炎の一筆入魂」前原淳 = 文)

(※引用元 Number Web

関連記事

マエケンが語る3連覇とプレーオフ「カープの歴史に名を残すチーム」

マエケンが語る3連覇とプレーオフ「カープの歴史に名を残すチーム」

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地チェイス・フィールドのビジターチーム用トレーニングルームは、とても小さい。昨今、流行りの極太のロープを使ったトレーニングや重いメディシン・ボールを使った体幹トレー …

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

今季は先発ローテーションの一角と期待された右腕・中村祐太が苦しんでいる。4月18日のヤクルト戦(マツダ広島)7回1失点から、開幕3戦3勝の好スタート。同24日のDeNA戦(横浜)では9回途中2失点で2 …

Vに導く『新井さん』が持つミラクルパワー!「何か起こしてくれる」

Vに導く『新井さん』が持つミラクルパワー!「何か起こしてくれる」

背番号25のスタメンを告げる場内アナウンスとオーロラビジョン。その瞬間、割れんばかりの大拍手と大歓声がマツダ広島を包んだ。5月11日の阪神戦、“新井さん”が大勢のカープファンの前に帰ってきた。 「五番 …