カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大砲候補・林、待望の1号!コロナで離脱中…同期小園に「負けない」

2021年5月29日

大砲候補・林、待望の1号!コロナで離脱中…同期小園に「負けない」

交流戦(5月29日、カープ3-7ロッテ、ZOZOマリン)

広島期待の大砲候補、林晃汰内野手(20)に待望の一発が生まれた。29日のロッテ戦で2回に先制のプロ1号。美馬のカットボールを右中間へ運んだ。先発・玉村ら投手陣が与えた12四死球が響いて3―7で敗れたものの、確実に成長の跡を示す林ら若ゴイの奮闘は今後への光明だ。

打球は海風にも乗ってZOZOマリンスタジアムの右中間へ吸い込まれた。高校通算49発を誇る期待の大砲候補・林が記念すべきプロ1号。2回2死で1ボールから美馬の内寄りカットボールを積極的に強く振り抜いた。

「(狙い球は)変化球をメインに、直球はファウルというイメージ。詰まったけど、風もあって(入った)。うれしいです」

スタメン出場は「感染拡大防止特例2021」代替選手として今季初昇格し、通算10打席目にプロ初適時打、初打点をマークした18日の巨人戦以来、通算3度目。通算13打席目に鮮やかな初アーチを描き、「8番・三塁」での起用に応えた。

高卒3年目。今春は1軍キャンプに初めて抜てきされ、数多く打席に立つなど英才教育を受けてきた。結果を残せず開幕前に降格となったものの、2軍でグリップ位置を下げるフォーム改造に着手。スイング速度や確実性に磨きをかけてきた。

「(グリップを下げたのは)シンプルにバットを出すために。東出さん(2軍打撃コーチ)とやってきて、いろんなことを教わりました。“打てなくても内容のある打席を増やしていけばいい”と」

林は、5回にも1ボールからの外角直球をライナーで左前へ。昇格後は出場3試合で8打数5安打、打率・625と打ちまくる。佐々岡監督は「風があったかもしれないけど、(本塁打は)右中間の広いところ。強さが出てきているし、楽しみよね」と目を細めた。

技術を磨く一方で、羽月からは1軍情報を収集する。「対戦相手のことや、打席にどう入っているかを聞きました」。羽月と小園の同期2人は、不運にも新型コロナ感染で離脱中。この機会に差を詰め、追い越したい。

「負けないように…と思っています。自分のスイングが(常に)しっかりできるようにしていきたいです」

敗戦の中で光を放った20歳。近未来にもっと、まばゆく輝く。(江尾 卓也)

<林 晃汰アラカルト>

☆生まれ&サイズ 2000年(平12)11月16日生まれ、和歌山県出身の20歳。身長1メートル82、99キロ。右投げ左打ち。

☆球歴 小1から岩出ヤンキースで野球を始めて捕手。中学時代は紀州ボーイズに所属。智弁和歌山では1年春から正三塁手を務めた。2年夏、3年春夏に甲子園出場し、3年春は準優勝。高校通算49本塁打。18年ドラフト3位。

☆畑作業 実家はキンギョソウの栽培や卸を扱う花農家。重い花束を運ぶうちに自然と屈強な下半身ができあがった。

☆趣味 無類のディズニー好き。中でもお気に入りが映画「アラジン」で、挿入曲「フレンド・ライク・ミー」を昨季の自身の登場曲に選んだ。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

「栗林神話」崩壊し、今季最長の7連敗…5度目の交流戦最下位も決定

「栗林神話」崩壊し、今季最長の7連敗…5度目の交流戦最下位も決定

交流戦(6月13日、カープ8-9オリックス、京セラドーム) 痛恨のサヨナラ負けで今季最長の7連敗。借金は最多の12となり、交流戦の最下位が確定した。3試合を残し、2勝10敗3分け。5度目の最下位はDe …

山口、3回5失点でプロ初黒星…『山賊打線』の餌食になり今後は未定

山口、3回5失点でプロ初黒星…『山賊打線』の餌食になり今後は未定

交流戦(6月6日、カープ9-4西武、メットライフドーム) 明日への糧に-。広島山口翔投手(20)が、「日本生命セ・パ交流戦」の西武戦でプロ2度目の先発マウンドに上がり、プロ初黒星を喫した。 2点リード …

球団14年ぶり5戦連続1得点以下…貧打で再び『単独』最下位に転落

球団14年ぶり5戦連続1得点以下…貧打で再び『単独』最下位に転落

交流戦(6月1日、カープ1-5日本ハム、マツダスタジアム) 広島は、打線がこの日も1得点にとどまり、再び交流戦単独最下位に転落した。 3点を追う7回に2つの敵失で1死一、二塁となり、2死から途中出場の …