カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

林、誠也の代役で初4番!2安打もチャンスで凡退「事を起こせたら」

2021年6月23日

林、誠也の代役で初4番!2安打もチャンスで凡退「事を起こせたら」

広島の林晃汰内野手(20)が22日のヤクルト戦で、欠場した鈴木誠の代役として初めて4番に座った。球団で高卒3年目までの起用は同2年目だった90年江藤智以来、31年ぶり。

2安打したが3度の得点圏では2三振を含め全て凡退し仕事を果たせなかった。チームは2連敗で借金も今季ワーストに並ぶ13。6月の負け越しも決まった。

好機での結果を強調されるのが4番だ。鈴木誠の欠場によって巡ってきた自身初の4番。20歳の林は、得点圏で回ってきた打席でことごとく凡退。敗戦によって、その重責を痛感することとなった。

「やることは変わらないので、4番だからといって気負い過ぎずに入ろうと。3回ともチャンスで打てなかった。それはダメ。三振ではなく、事を起こせたら良かったかな」

初回2死三塁の先制機で田口の直球を打ち損じ三飛。3回1死一、二塁では3球三振に終わった。9回2死一、二塁でも星のフォークボールに空振り三振に倒れた。打率・550(20打数11安打)を誇る勝負強さが影を潜めた。

三塁守備でも、2回1死一、三塁で元山の邪飛を捕球できず。失策はつかなかったが、直後に大瀬良が先制打を浴び一挙に4失点。「あのプレーで試合が動いて、点を取られた。しっかりやらないと」と猛省した。

この日の全体練習前に4番起用を伝えられた。西川や長野、松山ら4番経験者がいるなかで、朝山打撃コーチは「一番状態がいい。鈴木がいない中では林になる」と説明した。近未来の4番に向け、着実に前進していることは間違いない。

先頭だった6回は中前打し唯一の得点を記録。同じく先頭だった8回は左前打し6試合連続複数安打。いずれも内角球を強振し、振り負けなかった。

「先頭だったので、そこ(出塁できたこと)は良かった」

佐々岡監督からは「詰まりながらの安打は、しっかり振れているということ。粗削りながら成長しているし、楽しみ」と責められることはなかった。

「チャンスで打って帰せるような打者になりたい」

連続打点は3試合でストップしたが、すべてが今後の糧になる。4番とはいかなるものか――。多くの収穫を得た「デビュー戦」だった。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。 無失策をどこまで続けるのか。広島菊池涼介二塁手(30) …

羽月、20歳若鯉ハツラツ!初昇格即先発、2打席目で初安打&初打点

羽月、20歳若鯉ハツラツ!初昇格即先発、2打席目で初安打&初打点

広島の羽月隆太郎内野手(20)が7日、プロ2年目で初めて出場選手登録され、同日の阪神戦(マツダ)に「2番・二塁」で先発出場。第2打席で早くもプロ初安打と初打点をマークした。 夏場の9連戦4戦目となった …

後半戦のキーマン野村、1軍復帰「悔しかった」、25日中日戦先発へ

後半戦のキーマン野村、1軍復帰「悔しかった」、25日中日戦先発へ

広島の先発投手陣が22日、マツダスタジアムで調整し、2軍で再調整中だった野村祐輔投手(30)が合流した。25日の中日戦(マツダ)での先発が有力だ。 5月28日のヤクルト戦(神宮)で7回無失点と好投して …