カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

フレッシュ球宴/玉村ド根性オール直球で1回零封、石原は二盗阻止!

2021年7月16日

フレッシュ球宴/玉村ド根性オール直球で1回零封、石原は二盗阻止!

フレッシュオールスター2021(7月15日、ウエスタン選抜1-3イースタン選抜、坊っちゃんスタジアム)

フレッシュオールスターゲームが15日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われ、全イースタンが3―1で全ウエスタンを下し、通算21勝29敗6分けとした。

全ウでは、広島の若手バッテリーが躍動。3番手で登板した玉村昇悟投手(20)が全球直球勝負で1回無失点に抑え、「6番・捕手」の石原貴規捕手(23)は二盗阻止など、1軍に定着する2人が晴れ舞台で実力を披露した。

自称人見知りの2人が堂々と目立とうとしていた。「全て直球で3者連続三振を狙おう」。0―1の4回にバッテリーを組む前、玉村と石原はこっそりと目標を話し合った。

先頭打者は、玉村と同学年でDeNAに19年ドラフト1位で入団した森だった。玉村は同6位。カウント1―2からの直球で空振り三振を奪い、プロ2年間での成長を示した。

万波からは三振を奪えなかったが、初球で投ゴロ。渡部に初球を左前打された後、直後の元山の打席で石原が二盗を防いでくれた。同期入団のバッテリーでつかんだ1回無失点だった。

「直球オンリーで最後は打たれたけど楽しめた。(森が)いい打者というのは知っているし、どうしてもシーズン中に力勝負はできないので良かった。石原さんが最後に刺してくれて良かったです」

球の出どころが見づらい投球フォームを生かせば、最速142キロでも押し込めた。高卒2年目の今季は、プロ初勝利を含む2勝を挙げて、6月上旬から先発ローテーションを守っている。晴れ舞台の経験も糧にして、後半戦への準備を進めていく。

「1軍で投げさせてもらって、いろんな経験、失敗があった。試合をつくれるようになってきたのは収穫だと思う。体づくりを含めて、まだまだ成長していけるようにしたい」

石原は5回までマスクをかぶり、創志学園の後輩である阪神・西純ら4人をリードした。「みんないい球を投げる。楽しんで捕ることができた」。今季32試合に出場している経験も生かして、年下の投手を引っ張った。

チームでは、守備力を評価されて先発出場の機会を増やしている。ただし、捕手は坂倉、磯村らが控えており競争は激しい。故障で離脱中の正捕手の会沢が戻ってくるまでに、さらなるアピールが必要な立場と言える。

「しっかりと最少失点で試合をつくって、チームを勝利に導けるように頑張りたい」

今回の舞台で2人の力は十分に通用した。それは、苦しい戦いが続く1軍での経験を成長に変えられている証だった。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

「侍ジャパン」最多選出も鯉党は喜べない?低迷カープにさらなる逆風

「侍ジャパン」最多選出も鯉党は喜べない?低迷カープにさらなる逆風

東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」内定24選手が2021年6月16日に発表され、広島から12球団最多となる5人が選出された。 広島は今季リーグ5位と低迷するも稲葉篤紀監督(48)は選手個々の …

プロテクト名簿届く/鈴木本部長、長期戦「年を越すかも分からんな」

プロテクト名簿届く/鈴木本部長、長期戦「年を越すかも分からんな」

広島・鈴木清明球団本部長(64)が12日、丸佳浩外野手(29)のFA移籍に伴い、巨人からのプロテクト名簿が届いたことを明かした。人的補償を求めることが濃厚だが「ゆっくり考える。年を越すかも分からんな」 …

誠也がMVP!3本塁打で全試合安打&4番で大活躍「信じられない」

誠也がMVP!3本塁打で全試合安打&4番で大活躍「信じられない」

野球の国際大会「第2回プレミア12」で、侍ジャパンが韓国を破って、初制覇した。主要大会で世界一に立つのは2009年の第2回WBC以来10年ぶりとなった。 打線を引っ張ったのは間違いなく全試合で4番に座 …