カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下が後半戦『巻き返し宣言』、侍ジャパンの快投、今度はカープで!

2021年8月17日

森下が後半戦『巻き返し宣言』、侍ジャパンの快投、今度はカープで!

広島は17日から中日3連戦(バンテリンドーム)。初戦の先発を託されるのは森下暢仁投手(23)だ。東京五輪での活躍が記憶に新しい。先発で2勝を挙げ、金メダル獲得に大きく貢献した侍戦士。後半戦に向けても「投げる試合は全部勝つつもり。全て(の項目)でタイトル争いができるように」と力強かった。

森下は16日、玉村らとともに敵地バンテリンドームで最終調整に汗を流した。東京五輪からの復帰登板。心身の疲労が懸念されるが「投げた後はあったけど、日がたつにつれてちゃんと調整できている。いつも通りです」と気丈に語った。

実際、五輪での活躍は特筆ものだった。7月31日、オープニングラウンドのメキシコ戦で5回を5安打2失点に抑えると、8月7日の決勝・米国戦でも5回を3安打零封。大会を通して2勝をマークし、金メダル獲得の原動力になった。

「(侍ジャパンは)すごい投手ばかり。トレーニング法や気持ちの持ち方など、いろいろ勉強になりました」

侍ジャパンで抑えを務めた栗林と同様に、印象に残る具体例として挙げたのはソフトバンク・千賀の教えだ。「野球生活は今だけではない。先のことを考えてトレーニングを積み重ねていった方がいい…と」。心に染み入る言葉、助言だった。

前半戦は登板13試合で6勝4敗、防御率2・29。チーム内に感染が広がった影響で新型コロナウイルスの濃厚接触者に認定されるなど、難しい調整を強いられる中で「悪いながらも、何とか抑えられたかな…という感じです」と振り返る。

「前半戦は思うような結果を残せなかったので、投げる試合は全て勝つつもりで臨みます。全てでタイトル争いができるように」

より一層の飛躍と貢献を誓う後半戦。「悪いながらも」と言いつつ、防御率は堂々のリーグ2位。勝利数もトップと3勝差で、この先の投球次第では最高勝率だって狙えそう。いや、森下の実力を考えれば登板試合全勝ですら可能だろう。

「まずは2ケタ勝利を挙げ、その先も狙っていけたら」

通算登板5試合で3勝0敗、防御率1・13と好相性の中日戦。まずは竜を倒してチームの連敗を止め、後半戦飛躍のステップボードにするつもりだ。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

メヒアが新型コロナウイルス陽性…フランスアに続き、カープで2人目

メヒアが新型コロナウイルス陽性…フランスアに続き、カープで2人目

広島は12日、アレハンドロ・メヒア内野手(27)が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。 ドミニカ共和国の現地時間11日、日本への渡航前に受けたPCR検査で判明。症状はなく、自宅で療養して …

西川龍馬が2戦連発!日本ハム・近藤の母の手料理で、5キロの体重増

西川龍馬が2戦連発!日本ハム・近藤の母の手料理で、5キロの体重増

広島西川龍馬内野手(25)が16日、2試合連続となる推定飛距離140メートルの特大の1発を放った。中日との練習試合(北谷)で3番左翼でスタメン出場。15日阪神との練習試合に続く豪快な1発で「3番」の座 …

セ・新人王争いは森下がリードか?同じ8勝も戸郷は規定投球回に未達

セ・新人王争いは森下がリードか?同じ8勝も戸郷は規定投球回に未達

戸郷はリーグ連覇間近のチーム牽引、ともに残されたマウンドは3試合程度か 巨人の戸郷翔征投手が11日、敵地での中日戦で6回4安打2失点と試合を作りながらも、打線の援護なく今季5敗目を喫した。2試合連続の …