カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井貴浩氏、最下位転落に「結果伴わなくても、集中して戦う姿勢を」

2021年8月21日

新井貴浩氏、最下位転落に「結果伴わなくても、集中して戦う姿勢を」

公式戦(8月21日、カープ3-8ヤクルト、マツダスタジアム)

【新井貴浩 視点】広島は21日のヤクルト戦に3―8で敗れ、7月11日以来、41日ぶりの最下位に転落した。野球を通じて核兵器廃絶と世界平和を訴える「ピースナイター」は今年で14年目の開催。雨のため1時間13分の中断を挟み、無念の敗戦に沈んだ。2016~18年のリーグ3連覇に貢献したOBの本紙評論家・新井貴浩氏(44)は奮起を願い、激励の助言を送った。

先発の大道には工夫の跡が見て取れた。前回14日の阪神戦が3回2失点での早期降板。制球が乱れて4四球を与えた結果を踏まえ、フォームをどう安定させるか…を自分なりに考えたのだろう。2段モーションを初めて取り入れていた。

現状を打破するために、あるいはより高みを目指して、さまざまなことにチャレンジする姿勢は素晴らしい。何より、まだ1年目。たとえ結果が伴わなかったとしても、試みることに意義があり、失敗からも学びがある。決して無駄にはならない。

言うまでもなく、大道の長所は投げっぷりのよさだ。思い切り腕を振り、打てるものなら打ってみろ…とばかりに、全力で立ち向かうスタイルこそが最大の武器だろう。その観点で言えば、この日の投球はいささか魅力に欠けた。投球テンポにも改善の余地がある。

自分の長所は、武器は何か。いま一度、原点に立ち返って考えてもらいたいと思う。

2度の降雨中断に見舞われた試合は厳しい結果に終わった。敗れたことで7月11日以来の最下位にも落ちた。

勝負の世界。どうしても数字がついてくるし、目に入る。チームなら勝敗、順位、借金の数。投手なら勝ち星や防御率。打者なら打率、本塁打数などだ。残り53試合。選手には、しかし、数字にとらわれ、縛られて野球をやってほしくない。最後まで戦う姿勢を見せてもらいたい。

とかく結果が伴わなかったり、数字が付いてこないと、暗く見えたり、元気がないように映りがちだ。だが、この日のマウンドや打席での立ち居振る舞いを見る限り、適当にやっている選手は一人としていなかった。

この一試合、この一打席、この一球。いたずらに結果を憂うことなく、一瞬一瞬に集中して戦ってほしい。その姿勢を最後まで貫いてもらいたい。そう切に願っている。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

6回2失点で2敗目の中村祐「勝負球が甘く入って決め切れなかった」

6回2失点で2敗目の中村祐「勝負球が甘く入って決め切れなかった」

公式戦(9月27日、カープ1-3DeNA、マツダスタジアム) 広島の中村祐太投手(25)が6回6安打2失点で2敗目となった。 初回、先頭の梶谷に甘く入ったフォークを捉えられ、右中間席へ先制アーチを被弾 …

神宮、ヤクルトvsカープ戦は雨天中止…公式戦中止は今季両リーグ初

神宮、ヤクルトvsカープ戦は雨天中止…公式戦中止は今季両リーグ初

30日に神宮で開催予定だったヤクルト―広島戦は雨天のため中止となった。 今季両リーグを通じて初めての中止。予備日の設定はないため、代替試合の日程は未定となっている。 (※引用元 スポーツ報知)

1分け挟んで3連敗…田中が決勝タイムリーエラー、巨人と4ゲーム差

1分け挟んで3連敗…田中が決勝タイムリーエラー、巨人と4ゲーム差

公式戦(7月2日、カープ1-3ヤクルト、マツダスタジアム) ヤクルトが敵地での広島戦に3―1で競り勝ち、連敗を3で止めた。先発の小川が7回4安打1失点の好投で3勝目(8敗)を挙げている。 広島は1分け …