カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下、12戦連続のQSも…また報われず「1点を守り切れなかった」

2021年8月24日

森下、12戦連続のQSも…また報われず「1点を守り切れなかった」

公式戦(8月24日、カープ1-3巨人、東京ドーム)

広島・森下暢仁投手(23)が24日の巨人戦で6敗目を喫した。今季2度目の自己ワースト3被弾で7回3失点。12試合連続でクオリティー・スタート(QS=6回以上、自責点3以下)を達成しても、また援護に恵まれず、後半戦初白星を持ち越した。攻撃陣は4安打1得点の低調。2連勝後の2連敗で借金15へ戻った。

援護が1得点ならば、無失点に抑えられなかったことを本気で悔やむのが森下だ。12試合連続でQS達成と試合をつくりながらも、反省ばかりが口をついた。

「自分も点を取られて、1点を守り切れなかった。本塁打を3本打たれているので、映像を見てまた一からやっていきます」

全て本塁打で失点した。3回1死で坂本に左翼席への先制ソロを献上。同点に追いついた直後の4回2死から大城にバックスクリーン左に勝ち越しソロを浴び、1―2の7回1死では大城に2打席連続のソロを右翼席最前列に運ばれた。「今日はよくなかった。全部そうだけど、最後の(大城の)1本はいらなかった」。佐々岡監督は「少し甘めに入った球を見逃さずにしっかりと打ってきた。もったいない本塁打という感じ」と振り返った。

昨季1度もなかった1試合3被弾は、5月3日の巨人戦(坂本、丸、ウィーラー)に続いて2度目。被本塁打数12となり、昨季6から倍増しても、ソロが9本を占めるように、傷口を最小限に抑える投球術を見せてきたのも事実だ。今回も無四球と無駄な走者を出さなかったことで、ソロにとどめることができた。2回には単打3本を浴びながら無失点で切り抜ける勝負強さもあった。

ただし、どれだけ我慢しようと援護がなければ報われない。防御率2・42に対して、登板日の援護点は平均2・73点(15試合41得点)。1点以下は今回で7度目だ。QSを達成している直近12試合ですら4勝5敗と黒星が先行し、今季6勝6敗と貯金も消えた。

「勝てていないので…。次頑張ります」

カード初戦の火曜日は、エース級が先発することで打線が苦労するのは避けられない。ただし、それは相手も同じ。森下の報われない日が続く。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

森下が8回1失点で5勝目、新人王争う戸郷を「全然意識しています」

森下が8回1失点で5勝目、新人王争う戸郷を「全然意識しています」

公式戦(8月21日、カープ7-5巨人、マツダスタジアム) 広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22)が8回5安打1失点でチームトップの5勝目を手にした。前回7月31日の巨人戦では5回2失点で黒星を喫したが …

緒方監督、フランスア初黒星に「課題も見えた、また下で」/一問一答

緒方監督、フランスア初黒星に「課題も見えた、また下で」/一問一答

公式戦(5月26日、カープ6-7中日、マツダスタジアム) 広島が3点を追う9回に1点差まで肉薄したが、惜しくも届かず連勝は2で止まった。 初登板初先発だった育成出身のフランスアは4回3失点で黒星。マツ …

激戦を制して、勝率5割復帰!栗林が8セーブ目、12試合連続無失点

激戦を制して、勝率5割復帰!栗林が8セーブ目、12試合連続無失点

公式戦(4月25日、カープ9-8巨人、東京ドーム) 今季最多となる16安打を放った広島が一度は6点差を追いつかれながらも9―8で巨人を下して2連勝。前回のマツダ開催から巨人戦2カード連続勝ち越しとなり …