カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

3シーズンぶりの1試合5発!佐々岡監督、54歳バースデーにご満悦

2021年8月26日

3シーズンぶりの1試合5発!佐々岡監督、54歳バースデーにご満悦

公式戦(8月26日、カープ11-2巨人、東京ドーム)

最下位に低迷する広島は2018年以来3シーズンぶりとなる1試合5本塁打を放ち、逆転優勝を目指す2位・巨人に11―2で大勝。連敗を3で止めた。

コンディション不良からの56日ぶり復帰登板となった相手エース菅野から初回に主砲・鈴木誠が先制16号2ランをバックスクリーンへ叩き込むと、5番・坂倉が右中間スタンドへ2者連続アーチとなる6号ソロを放り込んで3点を先取。3―1で迎えた6回には7番・菊池涼が菅野から9号2ラン、7回には鈴木誠が戸根からまたもバックスクリーンへ17号3ラン、9回には坂倉が自身初の1試合2発となる右中間への7号3ランを桜井から放つなど、11得点すべてが本塁打によるものというド派手な一発攻勢となった。

自身のバースデーを大勝で飾った広島の佐々岡真司監督(54)は「理想的な、先制の誠也のホームランから始まって先制、ダメ押し、中押し、ダメ押しとね、本当に攻撃陣は理想的な攻撃だったと思います」とし、初回の攻撃については「きのう、おとといとなかなか打線がつながらない中でね、本当に積極的にいった結果がね、ホームランで。まぁ、いい先制、また誠也が打ったことによってね、チームの雰囲気もガラッと変わったと思います」と振り返った。

また、先発右腕の九里は3―0で迎えた5回に1死二塁から3連続四球を与えて押し出しで1点を失ったものの、6回で110球を投げ4安打1失点と粘投。今季巨人戦4勝目、チーム最多の今季8勝目(6敗)を挙げた。

これについて佐々岡監督は「守りに入ってるっていう感じではないと思うんですけど、まぁ、ちょっと悪いところがね、やはりあのいらないフォアボール絡みっていうピッチングになるのがね、悪いところなんですけど。何とか粘り強く投げてくれましたし、ホント、5回のピンチもね、菊池の頭脳的プレー。そして6回はね、西川。本当にナイスプレーでしたね。助けてくれました」と好守で支えた守備陣も称えた。

「きょうの勝ちでね、また地元帰れますから」と佐々岡監督。エース大瀬良が先発する27日の阪神戦(マツダ)から「地元でしっかりと戦ってきたいと思います」と意気込んだ。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

森下が8回1失点で5勝目、新人王争う戸郷を「全然意識しています」

森下が8回1失点で5勝目、新人王争う戸郷を「全然意識しています」

公式戦(8月21日、カープ7-5巨人、マツダスタジアム) 広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22)が8回5安打1失点でチームトップの5勝目を手にした。前回7月31日の巨人戦では5回2失点で黒星を喫したが …

カープ、自力V消滅危機…K・ジョンソン&石原慶幸も6回途中4失点

カープ、自力V消滅危機…K・ジョンソン&石原慶幸も6回途中4失点

公式戦(8月20日、カープ1-10DeNA、マツダスタジアム) 広島は投打振るわずの大敗で、引き分けを挟み3連敗を喫した。 先発K・ジョンソンが昨年までコンビだった石原慶と今季初めてバッテリーを組んだ …

借金16でも広島の光!巨人戦初登板の玉村、高い次元での6回3失点

借金16でも広島の光!巨人戦初登板の玉村、高い次元での6回3失点

公式戦(8月25日、カープ3-5巨人、東京ドーム) 広島・玉村昇悟投手(20)が25日、高卒2年目で初めて巨人に挑み、6回113球で3失点の力投を見せた。3回までに5安打を浴びて2度の同点を許した後、 …