カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、勝利呼んだ二塁打×2!前夜2発に続き躍動も、本人は浮かれず

2021年8月27日

誠也、勝利呼んだ二塁打×2!前夜2発に続き躍動も、本人は浮かれず

公式戦(8月27日、カープ6-4阪神、マツダスタジアム)

主砲に“らしさ”が戻ってきた。広島は27日の阪神戦を6―4で制し、2連勝。1点を追う4回、先頭の4番・鈴木誠也外野手(27)が右中間二塁打を放って逆転を呼ぶと、7回には左中間への2点二塁打で突き放した。投げては大瀬良大地投手(30)が6回2失点(自責1)の粘投。自身の連勝を4に伸ばし、6勝目を飾った。

ライナー性の打球は左中間を真っ二つに割った。1点優勢の7回1死一、二塁で、鈴木誠が4番の仕事を果たす。カウント1―2と追い込まれながら、阪神2番手・アルカンタラの153キロ外角球を最後は左手一本で振り抜いて2走者を還し、二塁ベース上でこん身のガッツポーズだ。

「良い追加点になったとは思うけど、たまたま当たっただけ。ちょっと打ったからといって、やめてくださいよ。たまたま。(まだ)2試合ですから」

決して浮かれない主砲。打てば、しかし、打線は活気づく。逆転の口火を切ったのも鈴木誠だった。1点を追う4回の先頭打者。先発・西勇が投じた初球の140キロ外角直球を積極的に強振すると、鋭い打球は右中間を深々と破った。二塁打に盛り上がるベンチ。直後に坂倉、菊池涼の長短適時打が生まれた。

長くスイングに苦悩する。タイミングが取れないため、初球ストライクが振れない、決め球に手が出ない。技術で打率3割をキープしても、持続性や局面を変える一打では“らしさ”を欠いた。本人は百も承知。登板時に援護できず、勝ち星が伸びない森下に「ごめんな。打てなくて…」と頭を下げたことも。

兆しは見える。26日の巨人戦で、菅野らから後半戦初の長打となる2本塁打。この日は初球から振って、連勝に直結する2本の二塁打を放った。佐々岡監督は「(4回は)誠也から始まり、逆転につながった。(7回も)欲しいところで2点打。大きかったね」と働きを絶賛した。

もはやチームを背負わなければいけない立場。グラウンドの内外では若手への声がけをいとわない。打率が3割を切った林には「結果を出しているから攻め方は変わる。逆に(高卒)3年目でそれを経験できるのはいいんじゃない?」とアドバイスしたという。

主砲が打てば球場の空気は変わる。絶大な存在感。きょうも、いや、ずっと、破顔一笑の鈴木誠が見たい。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

誠也が6年連続20号、球団史上5人目!衣笠、山本浩二らに続く快挙

誠也が6年連続20号、球団史上5人目!衣笠、山本浩二らに続く快挙

公式戦(9月3日、カープ1-3ヤクルト、東京ドーム) 広島鈴木誠也外野手(27)が、球団史上5人目となる6年連続の20本塁打に到達した。3点を追う8回2死走者なしから、清水の150キロ直球を完璧に捉え …

森下、12戦連続のQSも…また報われず「1点を守り切れなかった」

森下、12戦連続のQSも…また報われず「1点を守り切れなかった」

公式戦(8月24日、カープ1-3巨人、東京ドーム) 広島・森下暢仁投手(23)が24日の巨人戦で6敗目を喫した。今季2度目の自己ワースト3被弾で7回3失点。12試合連続でクオリティー・スタート(QS= …

自力V消滅…佐々岡監督「受け止めて戦っていく」、巨人・菅野攻略も

自力V消滅…佐々岡監督「受け止めて戦っていく」、巨人・菅野攻略も

公式戦(7月1日、カープ4-10巨人、東京ドーム) 広島は1日の巨人戦で逆転負けし、自力優勝の可能性が早々と初消滅した。鈴木誠がバックスクリーンへ11号2ランを放つなど、打線は菅野を3回途中KOに追い …