カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下は五輪でも「データ」を生かしていた、大学から貫く「相手研究」

2021年8月30日

森下は五輪でも「データ」を生かしていた、大学から貫く「相手研究」

広島・森下暢仁投手(24)を支えるのは優れた技術だけではない。対戦相手を徹底的に調べ、マウンド上で生かす「考える力」が備わっている。

侍ジャパンの建山義紀投手コーチは、東京五輪後に「今更彼の技術は言うまでもないが、とにかく対戦相手の研究を怠らない。持ち球をどのように投げたら打ち取りやすいかをバッテリーミーティングで綿密に打ち合わせする姿が印象的でした。またそれを実戦に生かせるのも強みでした」と自身のSNSで明かしている。一度しか対戦しない国際大会であろうとデータを頭に叩き込んでから登板に臨んだのだ。

大学時代から研究熱心だった。明大で女房役を務めた西野真也捕手(現JR東日本)は、「4年生になってから相手打者のデータを踏まえて、どういう攻め方をすべきかにすごくこだわるようになった」と振り返る。広島に入団後、森下は「対戦した中でどう感じたかを捕手に伝えるようにしている。大学のときより、いまの方がよりコミュニケーションを取るようになった」と、さらにデータを大切にするようになったと言う。

昨オフにツインズ・前田と初対面した際には「米国は打者に対していろんなデータを取っていて、対戦する前にしっかりと頭の中に入っている」と大リーグの情報戦に驚いていた。たとえば、森下が尊敬する大瀬良は、数十枚にのぼる対戦相手の資料をかばんに入れて持ち歩いているという。そうした一流の姿勢にも刺激を受けていることだろう。

そして、マウンド上では、頭の中にあるデータと直感をすりあわせる。捕手のサインに首を振る回数も少なくない。「自分の思う球で決められるという自信があるときは首を振っています」。横山投手コーチは、昨季から投手陣に自ら配球を考えて組み立てることを求めてきた。その姿勢を新人時代から率先して実践できたのも、豊富なデータと無関係ではない。

もちろん、対戦相手にも森下の投球データは積み上がっている。それを乗り越えるために必要なのも、またデータなのだ。森下の勉強は終わらない。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

プロ野球初の背番号0を着けた長嶋清幸「プレッシャーはありました」

プロ野球初の背番号0を着けた長嶋清幸「プレッシャーはありました」

「0」が唯一無二だった時代 数字の歴史については詳しくないが、聞くところによると、「1」に始まる数えられる数字よりも、存在しないことを意味する「0」は登場が遅いのだとか。数えられる数字、というのも奇妙 …

小園の痛恨ミスで佐々岡監督に批判…逆転機を潰したバント指示が物議

小園の痛恨ミスで佐々岡監督に批判…逆転機を潰したバント指示が物議

8月31日に行われた広島対DeNAの一戦。「7-6」でDeNAが勝利した試合の明暗を分けたのが、広島のプロ3年目・21歳の小園海斗のバント失敗だった。 痛恨のミスが飛び出たのは、「6-7」と広島1点ビ …

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

鈴木誠也「このままだと弱くなる」、チームの低迷に危機感を募らす…

広島鈴木誠也外野手がチームの低迷に危機感を募らせた。2年連続Bクラス。「勝たないといけない試合で勝てなかった」。「逆転のカープ」と称され、3連覇した18年の逆転勝利数はリーグ最多の41だったのに対し、 …