カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

またも『秋山の壁』、龍馬の本塁打だけで…ノーノー阻止が精いっぱい

2021年9月11日

またも『秋山の壁』、龍馬の本塁打だけで…ノーノー阻止が精いっぱい

公式戦(9月11日、カープ1-4阪神、マツダスタジアム)

また“天敵”に抑えられた。広島は11日の阪神戦で3安打1得点と打線が沈黙した。相手先発の秋山に対し7回の西川のソロで無安打投球を阻止するのが精いっぱい。今季7戦で5勝を献上し、苦手意識は強まるばかりだ。先発・高橋昂也投手(22)は、無失点で迎えた6回にマルテに決勝3ランを被弾して一発に泣いた。

苦手意識だけでは、片付けられない。秋山に対して7回2死から西川がソロを打つまで無安打1死球。球速以上に球威を感じさせる直球の切れに対応できず、秋山が奪った21アウトのうちフライアウトが12個を数えた。佐々岡監督は「こういう結果が出れば、対策ができていないということ」と振り返った。つまりは、完敗だった。

攻略に向けた姿勢は見えた。制球自慢で四球を期待できないと見込み、2ストライクまでに1度もスイングしなかった打者はいなかった。朝山打撃コーチも「四球で乱れる投手ではない。若いカウントから仕掛けることは当たり前」と説明。しかし安打が出なければ、早打ちは相手をリズムに乗せるのを手助けするだけだった。7回80球にまとめられ、過去7度の対戦の中で1イニングあたりの球数は最少。軽快に投げられた。

苦戦した要因の1つが、80球中32球を占めた直球にある。同打撃コーチは「不思議な真っすぐ」と呼ぶ。理由は「スピンが利くときと利かずに沈むときがある」。ナインには、球をつぶす意識で低い打球を打つように指示した。しかし12個の凡飛のうち、直球を打ったのが7個を数えたように奏功しなかった。

先発野手で今季、秋山から唯一無安打の林(8打数0安打)は、「狙い球をなかなか絞れない。捉えたと思って振っても結果的には打ち損じている」と首をかしげる。この日唯一安打を放った西川も「球速以上に感じる切れと制球力がある」と認める。佐々岡監督は「直球と変化球の投球フォームが同じで打ちづらい。だからこそ2桁勝てる」と言う。その10勝のうち半数5勝を広島が献上しているのが何とも悩ましい。

12日の巨人戦には、中4日で菅野が先発する。朝山打撃コーチは「良い準備をして集中してやっていきたい」と見据えた。8月26日の前回対戦では3発6得点で黒星をつけた相手だ。“天敵”のことは一度忘れて、難敵攻略への切り替えが求められる。(河合 洋介)

《龍馬 2年ぶり2桁アーチ》西川が秋山の“ノーノー”を阻止した。無安打で迎えた0―3の7回2死無走者。カウント1―1からの秋山のカットボールを右翼ポール際に運ぶ10号ソロとした。「感触は良かった。もう少し早めに打てれば良かったけど、何とか3打席目に捉えられたのは良かった」。2桁本塁打は自己最多16発を放った19年以来2年ぶり。「もう少し打率が上がればいいんですけど…」と同・274からの上昇を見据えた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

連勝が6でストップ、佐々岡監督のヤクルト評は「足も絡めながら…」

連勝が6でストップ、佐々岡監督のヤクルト評は「足も絡めながら…」

公式戦(10月1日、カープ4-5ヤクルト、マツダスタジアム) 広島は4─2の八回にケムナがつかまり、逆転負けで連勝が「6」で止まった。今季対ヤクルト5勝12敗3分けとなり、5試合を残して2015年以来 …

大瀬良が四回途中、今季ワーストとなる8失点の炎上…DeNAに大敗

大瀬良が四回途中、今季ワーストとなる8失点の炎上…DeNAに大敗

公式戦(9月5日、カープ1-10DeNA、マツダスタジアム) 広島・大瀬良大地投手(29)が5日、DeNA16回戦(マツダ)に先発し、四回途中(3回1/3)で、ともに今季ワーストとなる9安打&8失点で …

カープが5連勝!初回打者一巡の猛攻など9得点大勝、大瀬良が4勝目

カープが5連勝!初回打者一巡の猛攻など9得点大勝、大瀬良が4勝目

公式戦(8月13日、カープ9-3阪神、京セラドーム) 広島は初回、1死一塁から小園の先制適時三塁打など打者一巡の猛攻で4点を奪った。阪神は3回まで無安打無得点。 広島は5回先頭の野間が右越え2号ソロで …