カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下、プロ入りワースト6失点7敗目「何度も同じこと繰り返してる」

2021年9月14日

森下、プロ入りワースト6失点7敗目「何度も同じこと繰り返してる」

公式戦(9月14日、カープ1-10中日、バンテリンドーム)

広島森下暢仁投手(24)が、プロ入りワーストの6失点で黒星先行の7敗目を喫した。好調の中日打線に5回まで3失点。6回は2死満塁から堂上に勝負を決定づける3点適時二塁打を浴び、無念の降板となった。後半戦5度目の登板でも勝ち星がつかめず、自身最悪の3連敗。チームは4連敗で借金は15まで膨らんだ。

森下がベンチでタオルを首にかけ、うなだれた。後半戦5度目の登板で初勝利を目指したが、またも勝ち星は巡ってこなかった。6回を投げ、プロ2年でワーストの6失点。5試合連続で白星なしも最長で、自身3連敗、3暴投と最悪の数字が並んでしまった。「点を取られちゃいけない場面で取られている。相手が点を取りやすい流れになって、そのままやられている」と反省の言葉をつづった。

慎重な立ち上がりだった。最速152キロの直球を中心に、ストライク先行の投球を継続。だが、2回2死一塁から木下拓に右中間へ二塁打で先制点を献上。3回には福留、5回には大島に適時打を許し追加点を奪われた。6回には2死満塁から堂上に低め150キロ直球を右中間へ弾かれ、走者一掃の3点適時二塁打を浴びKO。京田には3安打を許すなど「同じバッターに何度も同じことを繰り返している」と自分を責めた。

トンネル脱出へ、復調の糸口を探し続けた。これまでの黄色いグラブではなく、東京五輪用に新調した黒を基調としたグラブに変更。「何かしないといけないと思って、やってました」と、走者を出したセットポジションでは、グラブの位置を顔の前から腰まで下げ、きっかけを自らつかもうと行動に移していた。しかし、「勝利」は遠かった。

佐々岡真司監督(54)は苦戦が続く森下について「極端に悪い感じには見えないけど、大胆さが無くなっているし、自信が揺らいでいるから『慎重に…』と、なるのかなと思う」と指摘。2軍再調整の可能性について指揮官は「僕の頭の中にその選択はないんだけど。明日(本人と)話をしてみて」と話すにとどめた。

森下は冷静に自己分析した。「(打たれる)タイミングだったり、四球を出したりというところが(失点に)つながっているので、そこを意識して直していかないといけない」と切り替えた。チームは4連敗で借金は15まで逆戻り。負の連鎖を打破するには、チーム一丸となって助け合っていくしかない。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

栗林が20セーブ目、佐々岡監督「いなかったらゾッとする」と評価!

栗林が20セーブ目、佐々岡監督「いなかったらゾッとする」と評価!

公式戦(8月20日、カープ5-4ヤクルト、マツダスタジアム) 広島の守護神栗林良吏投手(25)が、新人では史上7人目となる20セーブを達成した。ヤクルト戦で1点リードの9回に登板し、3者凡退で締めた。 …

今季6度目の2桁得点で2連勝!堂林『再加速』11号&5戦連続打点

今季6度目の2桁得点で2連勝!堂林『再加速』11号&5戦連続打点

公式戦(8月22日、カープ10-4巨人、マツダスタジアム) 広島は今季6度目の2桁得点で首位巨人から10得点を奪って2連勝。借金を5に減らした。 前日から3番に起用された西川が2試合連続となる先制打を …

佐々岡監督の『続投』は基本線…0封負けで、優勝の可能性は完全消滅

佐々岡監督の『続投』は基本線…0封負けで、優勝の可能性は完全消滅

公式戦(10月21日、カープ0-2阪神、甲子園球場) 完全V消滅。広島が今季4度目の0封負けを喫し、104試合目にして優勝の可能性が完全になくなった。 クライマックス・シリーズはない今季、佐々岡広島1 …